セミリタイア失敗 40代独身無職の末路

働くのが嫌で41歳の時に貯金680万で無謀な貧困FIER(8年目)をしました。貯金切り崩し中でなくなれば消えます。余命10年と考えて2032年あたりで消えます。

父が亡くなった。

10月24日(月)午後7時58分に父が亡くなりました。

 

土曜日に病院から電話がありもう長くはないという連絡はありました。こういう電話は入院していらい毎週かかってきていたので今回も半信半疑ではありました。月曜日は母の通院があったので午前中から母と一緒に病院にいく。その後、手続きをする為に市役所まわりなどをしていたら夕方になっていました。晩ごはん食べる前に病院から連絡があり「もう長くないかもしれません。病院までどれくらいでこれますか?」と聞かれ、急変したら再度、連絡しますとのこと。。。それから1時間もたたないうちに「呼吸が弱くなってきました。病室まできてください」と言われたので母に最後かもしれんので一緒に行こうと言うと、行かないと言われる。父の姿を見たら取り乱すかもしれないので行かないほうがいいかなと思い私一人だけで行くことに。。。次に妹に連絡をし車に乗って病院へ。

 

病室に到着したと同時に父は息を引き取りました。(午後7時58分)

 

その後、看護師さんから今後の話しを聞いてロビーで葬儀屋に連絡をする。死んだあとのことは全く決めてなかったのですが葬儀屋だけはチェックだけはしておりました。家の近くの葬儀屋さんです。葬儀屋さんの引取を余裕をもって午後10時にしてしまったんですよね。2時間弱もある。その間。。。病院のロビーでただひたすら待つ。この日は母の病院やら市役所周りやらして外出をずっとしていたのでスマホの充電がちゃんと出来てなかったんですよね。急なことやったからさ。この時点で50%台やったのでスマホをいじりながら時間を潰すということも出来ず。。。母に電話何度もしたけど出てくれず。。。。妹とだけLINEで連絡をとりつつ。。。自分の判断だけで今後のことを決めていけば問題になるかもしれないので私自身も社会常識がなく無知ってこともあるしね。妹と足並みをそろえて進めていこうって感じにしました。

 

 

一人で2時間くらい薄暗い病院で父のことを考えながら待つ。で、午後10時に葬儀屋さんが2人きて遺体を葬儀会館の安置室?に運ぶ。なんていうんかな。顔は痩せこけてはいたんだけど転院する時に見てはいたのでなんとか耐えれたんだけど体を見ると。。。ガリガリでさ。ぺたんこで。。。思わず涙が出てしまいました。その後、お通夜、お葬式の話しになるんだけど。。。この時点で午後10時半くらい。家族揃ってからじゃないと自分だけの判断だと厳しいので25日の正午くらいに話し合いで次の日、お通夜、次の日にお葬式にしようかなと話しになる。お寺さんも分からんかったしってことで持ち帰る。

 

お寺のこと

家に戻って母に話しをすると電話は普通に聞こえなかっただけやったらしい。どこのお寺を使ってるの?と聞くと。。。そのお寺はやめて近くにある(どこでもいいので)お寺に変更したいとのこと。理由はそのお寺はお婆さんの時からのお寺で踏襲したもののお婆さんの葬式の時に葬儀屋さんに聞いてお布施したのにそれ以上の額を強要されたかららしい。その後も家に仏壇があるので毎年その流れで来てもらっていたんだけどとりあえず高いと。。。がめつい。来るたびに部屋の中をじろじろ見て値踏みされてるようで気持ち悪いと。ということを葬儀屋さんにそのむねを伝えると近くのお寺を探してくれ朝いちに連絡しますから空いていたら25日にお通夜出来るという話しになる。話し合いは25日の午前9時頃に変更される。

 

終電で妹が大きな荷物を抱えて家に到着し今日あったこと今後のことを話しあう。この日は朝早く起きていろいろと大変やったので疲れて早めにぐっすりと寝れました。