セミリタイア失敗 40代独身無職の末路

働くのが嫌で41歳の時に貯金680万で無謀な貧困FIER(7年目)をしました。貯金切り崩し中でなくなれば消えます。余命10年と考えて2032年あたりで消えます。

QR決済のウオレット&ポイントについて思ったことなど【2022年3月】

f:id:crycat3:20220321204907p:plain

 

最近、QR決済アプリの還元率が年々悪化していてこれだったらQR決済のウオレットにお金を入れておくよりクレカ払いの方がええやん!って思いになっているんですよね。ってなことで今回は私がよく使っているスマホ決済アプリやポイントの変化を2020年と2022年で比較していきたいと思います。2020年3月のデータは↓下の記事からひっぱってきました。

 

neet3.hatenablog.jp

 

❐2020年3月

Amazonギフト:75,429円

楽天:4,207p

楽天edy:10,743円

クオ・カード:18,000円

メルカリ:32,224円

paypay:156,984円

ナナコ:10,510円

Tポイント:98,126p

paypal:30,339円

 

合計:43万円

 

2年前は、ウオレットとポイントだけで43万円も入れていたんですね。43万円って大金です。お得だと思っていたから現金を入金していたわけだけど出金しようとすると普通に手数料とられたりするので。。。お得ではなければクレカ払い銀行から引き落としが一番すっきりしていいですよね。

 

あとそんなに使わないサービスに関しては温存することはなく時間がたてば退会するようにしています。なので退会した後にキャンペーンがはじまるってこともよくある話です。。。。でも、そういう場合は無視します。最近のKyashとかさ。

 

❐2022年3月現在

Amazonギフト:0円

楽天:13,750p

クオpay:57,423円

クオカード:1,000円

メルカリ:10,588円

aupay:1,364円

d払い:12,299円

ファミpay:41円

paypay:3,354円

Tポイント:439p

Vアプリ:4,747円

 

合計:10万円

 

比べてみた感想を書いていきます。Amazonギフトは毎年確実に使うのでなんぼあっても足りないですね。去年も7万は使いましたし。。。クオpayは近い将来に使うと思ってポイントサイトから換金したわけだけど。。。6万円弱ですか。。。使い切るのあと2年はかかるような気もします。

 

他のQR決済も少額しか入れていません。入っていても買い物で速攻で使いますしキャンペーンがなければ3,000円以下にはなっているとは思います。paypay楽天のポイント投資は去年の年末にすべてやめました。Tポイントは、ヤフークレカがpaypayクレカに変更されるので必要なポイントではなくなるんですよね。ウエルシアも使ってないしさ。

 

つうことで結論としてはキャンペーンがきた時のみ入金すればええやん!ってなりました。おわり。