セミリタイア失敗 40代独身無職の末路

働くのが嫌で41歳の時に貯金680万で無謀な貧困FIER(7年目)をしました。貯金切り崩し中でなくなれば消えます。余命10年と考えて2032年あたりで消えます。

日本の10年後は貧困国に転落するのか!?

今年1月に「余命十年」という記事を書きました。48歳から10年後の58歳でこの世を去りたいという内容でした。自分と社会を鑑みてそのへんが身の引きどころなのかなと思ってさ。ネガティブに考えてというより残り10年を精一杯生きようと前向きな考えではあるんだけどね。

 

neet3.hatenablog.jp

 

今後物価高になってインフレになっていくことは確定事項だ。ロシアとウクライナの戦争で記事を書いたときよりもその傾向が加速してしまっているわけだけど。。。まあ、これから2,3年で一気に変わっていくんでしょうね。あと10年。。。日本もそのあたりが限界なんだと思う。

 

日本の人口構成(2020年)

f:id:crycat3:20220316014615p:plain

 

これが日本の人口分布だ。私の親は70〜74歳の中に入っている。10年後には全体的に上にずれていくことになる。年齢的にこの年齢層の割合も減るんだろうからようやく10年後くらいにパワーバランスが崩れていくんだと思う。だからといって私達45〜49歳が55〜59歳になった時に丁重に扱われるかといったらそうではなく、きっと切り捨てられるんだと思う。ばっさりとだ。そうしないと日本がもたない。親世代(団塊世代)の人口が減った時にようやく日本も戦後第2ステージに入る。1945年当時に60歳だった人に未来がなかったように。。。あの時も戦後生まれた団塊世代が中心になって時代を作り上げたわけで。。。

 

とまあ私は勝手に思っている。ノストラダムス大予言みたいに勝手に思い込んでいる。私ら同年代でも勝ち組にいる人達は老後も視野に入れているのかもしれないけど、負け組に属している人は老後を考えると絶望しかないので切りのよいところで人生を終える算段をしておくほうがいいように思う。今まで好い目を見たことないのに60歳を越えてからようやく好い目が出ることなんてあるはずがない。

 

f:id:crycat3:20220316014021j:plain

 

あと10年だけ生きてみようと思う。10年という数字は自分自身の健康と日本の健康を鑑みての結果です。