セミリタイア失敗 40代独身無職の末路

働くのが嫌で41歳の時に無謀な貧乏セミリタイア(6年目)をしました。貯金を切り崩しながらどこまで生きれるか的な日記です。底辺日常YouTuberやってます。

ツイッターを鍵かけてみました。

f:id:crycat3:20210920201252p:plain

 

ツイッターに鍵をかけてみました。

ツイッターに鍵なんて今まで一度もかけたことなかったし、かけたいとも思ってなかったんですけど。。。ずっと私自身に停滞感があってさ。まずいなと思っていたのよね。そして何かしら変化をつけなきゃって考えて思いついたのがツイッターに鍵をかけることでした。

 

正直、ツイッターなんてリタイアした当初で、はてなブログを書き始めた頃には、フォロワーを増やしたい!って思いはあったんだけどそれ以降は特にそういったこともなく惰性で続けてた感じもある。今は100人くらいしか見てる人もいないだろうしさ。最近は、つぶやきたいこともつぶやけないというか、炎上とかするわけではないのに制御がかかってしまうんよね。自浄作用ってやつですかね。ほんとリツイートと生存報告だけに終始してたからさ。

 

無職の呼吸 一の型

鍵をかけた効果は、今日だけで気づいたら20くらいツイートしておりました。しょーもないことをだらだらつぶやくだけですけど、それでいいんですよね。気兼ねなくさ。ブログもそうだけどYouTubeもそう。たいそうな事を私みたいな人間が発信出来るわけやないんやからさ。だらだらと適当につぶやくスタンスでいいと思うんですよね。

 

なにかに気をつかって何も言えなくなるのだけは、ほんとつらい。そうすると何も書けなくなっちゃうからさ。書けなくなると自分自身が停滞して動けなくなっちゃうんだよね。私にとってそれが凄い悪影響になるわけよ。こういう感じでブログも書けるようになるといいなあ。ツイッターもブログもYouTubeも糞詰まりで吐き出せないでいるんよ。

 

私の望みは楽に生きたいだけなのよ。おわり