セミリタイア失敗 40代独身無職の末路

働くのが嫌で41歳の時に無謀な貧乏セミリタイア(6年目)をしました。貯金を切り崩しながらどこまで生きれるか的な日記です。底辺日常YouTuberやってます。

彼女にふられた帰り道

f:id:crycat3:20210518123119p:plain

 

11日(火)

午後5時頃に自宅を飛び出した私。自宅から実家までは2時間半くらいかかると思います。普段なら電車の中でスマホをいじって過ごすわけだけど、この日はずっと考えごとをしていました。

 

これから私はどうする?

 

退去したら一人になってまで大阪で一人暮らしをする意味がない。今と同じように実家に定期的に戻らなければいけないのだから体力的にしんどいのでその選択肢はありえない。ということで実家に戻って子供部屋おじさんになろうとすぐに決まりました。

  

 

 

 

↑このツイートさ。時刻が午後7時半〜8時になっているんだけど。。。電車の中で打ったと思うんだよな。時間ズレてるんだけど。。。いや、でも電車の中で打った記憶がある。

 

この数ヶ月は死についてよく考えるようになっていたんですよね。自分の寿命はあと10年くらいなのだから消化試合なりにそれなりに過ごせればいいなっとさ。これをしなくちゃいけないとかもう思わなくてもええんじゃないかなとか。特に47歳を越えてからはこのことについてよく考えていたんですよ。これで終わりでいいんじゃないかなって。

  

でね。

 

これから何をするべきか?

じゃあ、彼女と別れたあとに何をするべきか?と考えた結果・・・・。筋トレやなと。可変ダンベルとベンチシート購入しよう!と思い立ったのでAmazonで調べてみた。全部あわせても5万円くらいなので。。。よし!やろう!と思ったのだが。。。最寄り駅についたあたりで、今持ってる10キロのダンベルもまともに持ち上げられへんのにまずはそれ出来るようになってからでいいんじゃねえ?って思ってやめました。

 

電車の中でこれからのことを考えて実家に戻る。 移動で疲れたので横になると小一時間ほど寝てしまっていた。起きてから、私って自分のことしか考えてないなって思いになった。彼女のことなんて何も考えずに自分ばっかりやなって。帰宅中の電車内では少し彼女に対して苛立ちもあったんだけど。。。冷静になってみると、嫌いになったわけではないし、不満を凌駕するくらいのものを今までもらったやん。感謝しかないのに1番に言うべきことは「今までありがとう」でしょって。最後くらい彼女に対してちゃんとしてあげないとってようやく気づきました。

 

だって今のコロナ禍で次の物件探さなければいけないわけやしこれから不安しかないのにそんな彼女に対してほんと私は心が狭いよなって酷い男だよなって思いになって自己嫌悪に陥る。とりあえずこの日の日記は疲れていたので過去記事「45年間必死に生きてきた結果がこれなのか?」をリライトして更新する。

 

neet3.hatenablog.j

 

その日の深夜に彼女からLINEが届く。私の行動を謝りつつ6月中には退去すると言われたので話合う為に金曜日にまた戻ると伝えました。

 

 

neet3.hatenablog.jp