セミリタイア失敗 40代独身無職の末路

働くのが嫌で41歳の時に無謀な貧乏セミリタイア(6年目)をしました。貯金を切り崩しながらどこまで生きれるか的な日記です。底辺日常YouTuberやってます。

ケチの呪縛はよくない。と40歳を越えてから気づく

f:id:crycat3:20210410212603j:plain

 

私は元々ケチです。

 

若い頃は極力お金を使わないようにして過ごしてきました。自分自身が無能で稼げない人間だと理解しているので出来るだけ貯めてようと心がけていたんですよね。まあ私の場合は貯めてもすぐに投資ですっからかんになってたわけですがね。

 

最近はよく若い頃にもう少し使っておけばよかったなって思うようになっています。お金を使わないということは選択肢を最初から奪うということです。選択して「やる」か「やらないか」を決めたわけではなく自動的に「やる」という選択を消していたんですよね。今もお金を使う選択をしているわけでは決してないですけど昔に比べるとまだしているように思います。今の金銭感覚で20代30代を過ごしていたらなーなんてよく思いますね。

 

金を使わないことでたくさんの選択肢を消していったからさ。

 

まじでもう少し無理にでも使っておけばよかった。

 

金銭感覚が年々変化していく

まあ今でも宵越しの銭は持たないみたい、ばーっと使い切る人に対しては、それは違うという考えですけど。。。使わなすぎるのも哀しいと思います。お金って不思議なもので年をとるにつれお金の価値って変わっていきます。これから10年もたてば50代の金銭感覚になるので、より強く思うようになると思います。過去を取り戻すことは出来ないですけど後悔しないように過ごしていきたいと思っています。これを読んだ20代30代の人は、「何言ってるんだ?こいつ」なんて思うかもしれんけど。。。年取ってから気づくんだよね。

 

ケチの呪縛はよくない。

 

最近、若くて節約系リタイヤ志望の人の文章を見ると特に思うんだよね。通帳を眺めるのが嗜好の喜びなんだ。みたいな人ならいいけど。。。それが最終目的ではないであろう人はやめたほうがいい。

 

neet3.hatenablog.jp