セミリタイア失敗 40代独身無職の末路

働くのが嫌で41歳の時に無謀な貧乏セミリタイア(6年目)をしました。貯金を切り崩しながらどこまで生きれるか的な日記です。底辺日常YouTuberやってます。

私の節約志向は年々変化していると感じています。

f:id:crycat3:20210218181806p:plain

 

私は2003年から一人暮らしを始めてその時からエクセルにて家計簿をつけ、そしてブログにて公開してきました。(今見ると過去アップしたデータとか消してしまっていますけどね。)過去の家計簿を見るまでもなく節約志向に関して年齢を重ねるとともに変化していってるのが分かります。17年もたつとそりゃあ変わるわね。

 

若い頃はとにかく切り詰めていました。株を購入する為にまとまった種銭を貯めるという目標があったので。。。元々ケチで節約志向ってのもあったと思うのですがね。節約出来るようなものは全てやっていたように思います。しかし身を粉にして貯めた金を簡単に株やFXで負けて失ってを繰り返しておりました。ほんと何のために節約していたのか分かりませんよね。アホの極みです。

 

でも年齢とともに、節約に関しては変わってきました。掴んだといいますか。。。労力にみわないもの、これ一年節約していくらの節約になるだろ?しんどいだけやんとか。元々怠けものなのでしんどいこととか嫌なんですよ。私は別に仙人みたいな生活をしたいわけでも修行僧みたいな生活がしたいわけでもないんです。どれだけ少ない生活費で生きられるか!みたいな天下一武道会で優勝したいわけではないんよ。

 

たまにコメント欄で贅沢だねとかもっと節約出来るはずだよね。みたいなこと書いてくる人いるけど。。。。下の記事でも書きましたけど、自分が思う健康で文化的な最低限度の生活がしたいだけなんですよね。

 

neet3.hatenablog.jp

 

やっぱ楽に日常を過ごしたいやん。文明の利器を使いたいやん。ということでそこまで金銭的に無理する必要がなくなった。費用対効果を節約してた今までの経験で想像出来るようになったってのがあるんだと思う。

 

節約志向の変化

例えば若い頃は旅行に行くにしても青春18切符とか高速バスとか使って、泊まる場所といえばネットカフェやったりさ。どんな時でも一番格安の手段を選択していたんですよ。私の指標はいつも一番安いものだった。でもそれが年齢とともに変わってきた。やっぱ疲れるし体力いるし回復全くしないしコスパいい!と思ってた手段が全然コスパよくなくなってきた。いや若い頃からコスパよくなかったのかもしれん。私が金がないので気づいてなかっただけでw

 

例えるならそんな感じ。生活においてもここでケチってもあとで大きな代償になる可能性あるよね。とか、どんなことでもリスクというのが存在していてそれが想像出来だしたって感じかな。

 

あとは彼女の存在も大きいかもしれない。自分以外の人の価値観ってどうなんだろう?って。。。。それでも35歳までは自分本位だったと思うんだけどさ。自分の価値観がそれでも絶対!みたいなさ。でも35歳くらいから少しづつ変化したようが気がします。それでも元々ケチなので拭えないものはあるけどさ。自分の価値観って一般的にはどうなんだろ?商品を買うにしてもレビューで人の意見を見てから判断して買うみたいなことってあるやん。自分はこう思ってるけど他の人はどう思ってるんだろ?みたいなさ。

 

例えば何年か前、旅行に行った時のホテルを私が選んで予約したのね。最安値やったんやけどさ。そしたらめっちゃ汚くてさ。うわぁ。えらい宿を選択しちゃったなって悪いなーって思ったのね。その後、違う旅行の時に彼女に宿を選んでもらうとめっちゃキレイやってさ。値段のわりによくこんな宿選んでくるなーって素直に思ったのね。私が選ぶ指標は値段が全てで写真に写ってる内装などの写真の査定が甘いんだと思う。彼女は値段とホテルの質も均等に見る目をもってるんだよね。なのでそれ以降は必ず予約する時は自分の判断だけではなく彼女に確認してもらってからとるようにしています。これどう思う?みたいなさ。

 

女性の感覚の方が正しいこともあるし、というかセンスに関しては確実に正しいしw なので今は別に切り詰めなきゃいけない!って思いはそこまではないので理解出来る範疇ならばいいんじゃねぇ?と思っています。今は健康的で文化的な最低限度の生活+αの生活が一番最適かなと思ってるわけです。でも割り勘やでぇ!