セミリタイア失敗 40代独身の末路

働きたくないので41歳の時に無謀なセミリタイアをはじめました。株損切り!親の介護発生!ネット収入激減!と3重苦に陥っています。それでも最後まであがきます。底辺YouTuberもやってます。見に来てね。

カイキさんの貯金がすごく増えてます!というコメントに対して思ったこと

f:id:crycat3:20201020213740j:plain

 

先日、「カイキさんの貯金がすごく増えてます!」というコメントを頂きました。私は見た瞬間に。。。はて?これはなんだろ?これはどういう意味なんだろ?って思いました。一応、「そうなんですね」と返信しましたが。。。だってそれしか言いようがないですしね。

 

最近の日記で書いたと思うんですけど。。。私はあんまり人のこと覚えてないんですよ。コメントくれた人とか。。。オフ会で会った人でさえ何年もたてば忘れてしまう。読者さんに言われて、ああ、そういえばそんな人いたなーって思い出すくらい。さすがにカイキさんは覚えていますけど、事故物件に住んだとかそのあたりくらいまでかなあ。それまでに交流あった人だとツイッター上で今でもちらちら状況は見たりするけど、カイキさんとは交流とか特になかったからそれもないですしね。てなことで知らないんです。

 

このコメントを書いた人の心情は分からないけど。。。カイキさんの貯金と書いているので私とカイキさんの貯金を比較してるって感じなんでしょうか?でも、それもなあ。私自身は5年前にリタイアした身なので、それ以降、貯金が増えることを望んでいたらリタイアなんてしていないわけで。。。減る一方になることを理解してこういう生活に移行したわけやからさ。無意味な比較じゃないかな?って思ってしまいます。

 

労働している人に対する憧れ

私は労働している人に対して憧れをもったことはないんですよ。稼いではる人いっぱいいると思いますが。。。憧れたことないんですよね。それよりかニートしている人、なにしているか分からんけど生活出来ている人とかに昔から憧れはありました。その代表がphaさんなんだけどさ。こういう話をしてると「いやあ。楽な仕事でも高収入な人もおるやん!とか、たいした労働してないのに年収800万もらってるよ!」とか言い出す人いると思うんだけど。。。それも違くて、それはその人が能力があるからその職にありつけたりその仕事を完遂出来たり、はたまた勤続何十年も続けてきた結果、今の地位まできたか、資格など専門知識を学んでそこにたどり着いたか、親のコネなのかよく分からんけど。。。なんらかの結果なんだと思うんだよね。そういう人達は何かしらの努力の成果が今なわけでその能力は悲しいかな私にはないと分かっているので憧れてることはないんだよね。

 

人の興味ってさ、時間がたつと変わってしまうもんなんだよ。私の場合は前にも書いたと思うんだけど人の興味って共感で見始めるので状況が変われば時間とともに変わっていってるんですよね。飲食で働いていた時は同じような仕事の人見てたし介護の時、期間工の時、株やってた時、仮想通貨やってた時、ニートしてた時、親の介護するようになった時、それぞれ変化していってるんですよ。なのでいつまでも同じ人を見続けるってことはあんまりないです。厳選していきますからね。今はアラサー、アラフォーカップルのブログとか見てるかな。自分の彼女と同じ年代のアラサー、アラフォーの女性のアカウントとか。。。これくらいの世代の女性はどう考えて生活しているんだろ?って思いながら見ていたりしますね。

 

そんなところかな。