無職という名の貧乏セミリタイア

親の介護問題を抱えながらも貧乏で無謀なセミリタイアも5年目に突入しました。年間100万円生活実践中!2019年夏からアラフィフyoutuberもはじめました。見てね。

物に執着する親世代を理解しながら生きなければいけない。

 

昨日の「無職が車検に行ってきました。」という記事で。。。

 

ユーザー車検かとおもた
文面からすると 違うねw

 

というコメントがつきました。ので今回は親の問題として書きたいと思います。前に「母親と中年ニートの2人暮らし」の中で母親自身がある時期から変化を嫌うようになって新しいことを受け入れないって話を書きました。

 

neet3.hatenablog.jp

 

団塊世代って物に執着する世代だと思うんですよ。マイホーム、その家の中には大量の物をため込んでいきます。私的には親が死んだあとどうするの?ある程度は減らしておかなければ!って思いになって断捨離しようとするわけだけど。。。

 

母親にとってはつらいらしく泣き出したりするんですよね。なんでもかんでも捨てて!ってなじられてさ。もちろん私も母親に確認をとって捨てていってるんだけどそれでも母親が機嫌が悪くなった拍子にこういうことをなじられたりします。めんどくさいんですよね。

 

【今回の車検】

私が車に興味がなくよく知らないってのもあるんだけどさ。車に関しては父親の今までやっていたことを踏襲しているって感じです。普通に買ったホンダさんで車検して半年に一度メンテしてもらいにいってって感じです。

 

今回、車検に行った時に今の車を売って新しい軽自動車に買い替えたらそんなにお金もかからずに維持費も安いのでどうですか?って話をされてさ。ええやん!って私なんか思ったので見積もりを作ってもらって家に持って帰ったんだけどさ。それをきいた母親はショックを受けたらしいのよ。

 

どうやらあれはお父さんと一緒に気に入って買ったのにそれを売るなんて!ってことらしい。維持費が安くなるとか金銭的な問題なんて別にどうだっていいみたいなんだよね。金の問題じゃなく思いの問題というか。。。家にあるものを処分する時にじゅうぶんに気をつけてたことだけど。。。まさか車までそんな思いあるなんて思わんかったからさ。今の車を8年くらい乗ってってのが母親の頭には決まりごととしてあってそれから外れるのはいけない!みたいなのがあるみたいなのよね。

 

まあ、親の金やし私が言うことでもないのでどうぞお好きにって感じではいるんだけどね。私の家のことは細かく精査して選別しているけど、親の家のことは親がお金を払うわけだし口出しはするつもりはない。あんまりおかしなものには意見はいうけどね。

 

実家の家の断捨離がなかなか進まないのは、私が怠慢癖があるからって理由もあるけど母親が嫌がるってのもあるんだよね。 

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。