40代独身無職の末路

親の介護で働けない45歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので月10万円を目安に年間100万円貧乏生活をしております。

中年男性の健康状態を語る。【アメトーク、おじさんたちを見ての感想】

f:id:crycat3:20190616163519j:plain

 

youtubeでアメトーク「おじさんたち」を見ました。2017.7.6なので2年前の番組ですね。出演者がおじさんになった今の話、主に健康状態を語る回なんだけどさ。タイムリーなので思わず最後まで見てしまいました。

 

動画は、私のyoutubeの『おすすめ動画』の再生リストに入れておきました。

 

 出演者は以下の芸人さん達。

 

蛍原(49)

宮迫(47)

博多華丸(47

藤井(45

塚地(45

竹山(46

中川家 兄(46)弟(45

ずん飯尾(48

 

私は今、45歳だ。

番組によるとみんな体の痛みを抱えているとのこと。どうなんだろうな。たしかに45年も生きていたら体をいわす機会は私も何度かあった。

 

32歳のときに半ギックリ腰になり、その後も仕事柄、腰痛に悩まされるようになりました。仕事中は腰痛ベルトを欠かせない体に。。。しかし働いていない今は腰を気にすることはもうありません。腰に負担がかかる生活さえしなければなんともないんですよね。

 

41歳の時に首の椎間板ヘルニアになりました。あの時はもうこんな爆弾を抱えながらこれからも生きていかなければいけないと思ったけど。少し安静にしていたらあっさり治りました。

 

 ・ω・

今は?たしかに40歳を超えてから体力の回復が遅くなったとは感じます。1日休んでHPが回復せずに2~3日かかることがよくあります。なので30代の時にしていたような旅行のスタイル。高速バスや18切符の移動、宿泊はネットカフェみたいな事を今やろうという気にはそんなになれません。何故なら疲れがたまってしまって回復せずに旅行を楽しめないと思うからです。

 

でも体力の回復以外は特に。。。痛みや衰えを感じてはいません。

さすがにダッシュするとか全力で何か体を動かすとかはそういうことはできないけどね。アメトークに出ている芸人さん達は、タレントという特殊な仕事をしているので、ロケバスの移動続きとか。飛行機や新幹線の移動とか。。。腰痛になりやすいのかもしれんね。

 

結論

中年と呼ばれる年になれば誰しもそれなりに体のガタはくるしメンテナンスは必要になってくると思います。体力の回復力も衰えてくるしね。でもあそこまでくるのか?というのは疑問ですね。まあ、これからいろんなところが動かなくなっていくんだろうけど。。。。健康だけは若い頃と違っって気遣ってやらなきゃいけないなーって思いました。少しは体動かさないとなあ。

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。