40代独身無職の末路

親の介護で働けない45歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので月10万円を目安に年間100万円貧乏生活をしております。

ダメダメなまま6月を迎えました。

 

今週はひどい有様だった。何もしてない一週間だったよ。私の言う何もしてないとは。。。本当に何にもしていないことを言います。ゲームしたり本読んだりお散歩したりyoutube作ったりなにかしらしていたらこういう表現はしない。

 

ツイッターをずっと眺めていたり過去に見たyoutubeの動画を見ていたりオナニーして横になってそんな1日の使い方を何にもしてないという。虚無感が半端ないんだよね。

 

今、実家と大阪の変則的な生活をしているわけだけど、この生活って私にとっては最適なのかなと思えてきた。どんなに停滞していても一週間たてば移動しなくちゃいけないわけやん。移動する為に動けば気分も変わる。これがずっと実家だけだと今流行りの中高年のひきこもりになる可能性が大だと思うんだよね。

 

・ω・ 

だって今も母親の用事で一緒に行動する時以外で外に出ることなんてないんだからさ。昨日もLINE Payの100円クーポンが残っていたので使わんとなーと思いながらも結局、行かんかったからね。はぁ。。。暗黒だわ。

 

【ツイキャス配信します。】

6月1日(土)午後10時から

 

 

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。