40代無職独身男の末路

親の介護で働けない45歳独身無職。お金をかけずに生きていくしかない。月10万円を目安に年間100万円貧乏生活をしております。2019年夏から底辺youtuberはじめました。

ズッコケ三人組の読者必見!と言われていた「ばけばけ」を読んでみました。

f:id:crycat3:20190404161146j:plain

 

那須正幹さんの「ばけばけ」。「ズッコケ三人組」の読者は必見!というツイートを見たので読んでみました。那須さんは「ズッコケ三人組」いがいにも、大人になった三人組を描いた「ズッコケ中年三人組」シリーズも書かれているみたいです。

 

この「ばけばけ」に出てくる主人公たちは後期高齢者。。。70〜75歳くらいの老父3人組の話であります。めちゃめちゃおもしろい!ってそんな感じではなく。。。なんだろな。いい雰囲気の懐かしい感じのお話。

 

小説ってさ。本題に入るまで長かったりするやん。これってどういう話なん?って分かるようになるまでかなりのページを読まなきゃいけなかったりさ。この本、20ページ目で分かります。ああ、そういう話ねみたいなね。だから凄い読みやすいです。児童文学ってそういうもんだよね。そこらへんも懐かしい感じがしました。

 

・ω・

この本で描かれている場所ってどこだろ?JR茶臼駅ってと思って検索しても出てこずいろいろ架空の名称になっているわけだけど。。。この場所ってここらへんのことなんかなーって想像しながら読みすすめていきました。あとがきで。。。やっぱりそうかーみたいな。想像だけの話ではなく作者の実際に体験した話を混ぜているってことがわかり、あとがきまで読むとまたホッコリすることが出来ます。

 

ばけばけ
ばけばけ
posted with amazlet at 19.04.04
那須 正幹
ポプラ社
売り上げランキング: 295,013
 
 

 今日も特に何もすることなく一日が終わってしまったよ。昨晩は、この「ばけばけ」読んで筋トレもしてウォーキングもしたので頑張ったほうです。

 

今日は、上半身の筋トレを新しいものに変更することを決めました。あとは父親の押入れの整理を少しだけしました。そんなとこ。

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。