40代無職独身男の末路

親の介護で働けない45歳独身無職。お金をかけずに生きていくしかない。月10万円を目安に年間100万円貧乏生活をしております。2019年夏から底辺youtuberはじめました。

働かないってワクワクしない?を途中まで読みました。

f:id:crycat3:20181226004017j:plain

 

これね。どうだろ?一応、頑張って100ページくらいまでは読んだのよ。あと200ページくらいあるんだけどさ。途中でもうええかなと思って断念しました。面白くないわけではないんだけど、いや、面白くはない。考え方は面白いんだろうけど。。。読める人がいたらね。

 

元々は、1995年出版の「ゼリンスキーの法則-働かないことのススメ」。この本は日本語訳者が変わっただけでそこに加筆部分を加えて2013年に出版されたものです。日本語訳にした本って。。。なんでこんな感じにみんななってしまうんでしょうか。読みづらいわ!元々が読みづらい本だったのかもしれんけどさ。

 

 

f:id:crycat3:20181226004122j:plain

 

目次はこんな感じで私は四章まで読みました。

ダウン・シフターの話かな。1995年に出版されたものだけど、今の日本の時代にも通じるもの!ってことで話題になっているようです。私が今まで読んできたライフスタイル系の本の元になった本じゃないかなって思いました。そういうものを読んだことない人にとっては面白い本になるんじゃないかな。

 

実際にアマゾンのレビューを見ると。。。絶賛の嵐になっていますので。。。

 

たぶん私が間違っていてレビューが正解なんなんだと思う。僕は読むことが出来なかった。無理やり読破することも時間があれば出来たとは思うんだけど100ページ読んでも流すだけになっていたので時間の無駄だと思って断念した結果となったんよ。

 

自由な時間を何につかうか?どう使って過ごすか。

 

ようは、お金にふりまわされる事なく自由な時間を自分らしく過ごす。これが出来た人が一番いいわけであって自分の中にこういった生活がしたい!って思いがすでにあるのならばこの手の本の公式は必要ないとは思う。

 

目指している部分は結局は一緒ですからね。

  

働かないって、ワクワクしない?
アーニー・J. ゼリンスキー
ヴォイス
売り上げランキング: 110,583
もうすぐアラフィフにならうとしているわけだけど。。。未だに自分の方向性といいますかどうやって生きていこうかっていう答えが出ていない。理想としているものはあるにはあるんですが。。。なかなか思うようにはいかないでいます。やはりお金。金!金に左右されるんですよね。何も考えずに生きていけるならどんなに楽なんだろう。
 
17年前にこの日記を書き始めたんだけど17年前にも同じような事を書いている。何も考えずにぼーっと生きたいと。。。何の成長もせず年だけとっていってしまっている。高望みしすぎているんですかね。はぁ。。。
  
団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。