40代独身無職の末路

親の介護で働けない44歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので年間100万円貧乏生活をしております。

日本3.0 2020年の人生戦略を読みました。

f:id:crycat3:20181202200436j:plain

 

NEWSPicks編集長の佐々木紀彦さんの本で、2020年以降、生き残るにはどうしたらいいか?みたいな話しで。。。読む人を選ぶ内容になっていると思います。これからの若い人が読むもので。。。私達みたいな人生が終わった人はざーっと流して読むだけでいいと思います。

 

しかしこういう本の出版って。。。どういう人を購買のターゲットにして売り出すんだろうか?自分の考えをまとめてみました。買いたい人だけ買ってね。そんな感じなのかなと。

 

 

【独身中年無職の日常】

今日は特になんにもしていない。母親と一緒に買物に行ったくらい。12月中にやらなければいけないことはあるのに。。。なーんもしていない。今日も正午くらいに起きたんだけどさ。もう少し早めに起きなきゃやっぱダメだね。

 

明日は絶対に10時には起床しようとは思う。そしてひとつづつやらなきゃいけないことを終わらせていく。早めにやっておかないと12月なんて一気に終わってしまうからね。あと家計簿に書いたけど11月までで生活費は897,312円となっています。12月に102,688未満の出費なら100万円となります。12月はどこにも行くつもりもないので8万以内にはおさまると思いますけどね。

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。