40代独身無職の末路

親の介護で働けない44歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので年間100万円貧乏生活をしております。

無職が家計簿を見ながら支出を振り返ってみたよ。

2018年11月15日で無職3年となる。石の上にも三年といった言葉があるとおり、なんとか無職3年を無事に迎えれそうです。3年・・・短いようで長かった3年。。。いろんなことがおこりました。予想外のことが起こりすぎてそれも悪いことが立て続けに。。。はぁ。。。(ため息)

 

そんな事を今更言ってもしかたがないので今年1年の家計簿を見て総点検してみようと思います。ちなみに私が使っている家計簿ソフトは「たんじゅん家計簿」といって2004年くらいから使っているもので検索したらベクターとかでDLが出来ます。エクセルのソフトなんよ。私はアプリよりもこちらの方が使いやすいと思っているんよね。

 

f:id:crycat3:20181109014545j:plain

 

これが2018年の1月〜10月までの家計簿です。

項目にフィギアやゲームがあるのは昔の名残で今は使っていません。今は実家と大阪の家との往復生活をしています。実家(和歌山)6:大阪4の割合ですかね。厳密にいうと6.5:3.5くらいかな。なので食費は大阪で使う分だけなので少ないです。そのかわり交通費が多くなっています。往復するだけでそれなりにかかるのでね。

 

今年はなんといっても6月に引っ越ししたのでその引越費用が例年に比べてかかっています。10万円くらい。家電の処分代とかも含めています。なので来年以降はこの分がなくなります。前の部屋も5年くらいは住んでいたしね。

 

旅行は、下呂、佐久島、富士山、宮崎、香港に行きました。2ヶ月に1回のペースになっていますね。ちなみに去年は、石垣島、東京、台湾、那須、沖縄でした。去年と違うところは旅行の日程の長さです。去年は1週間〜2週間やったのが今年は3泊くらいで。。。これは親との実家での生活でそんなに家を空けることが出来なくなったからです。

 

購入したものは、そんなにないです。衣類もゼロやし、というのも父親の服で使えそうなものがかなりあるので今後も買うことがないかもしれません。他にはペンタブ、スイッチとソフト、プロテイン、ハンガーフック、リュック。。。そんなものかなあ。今年購入したものは全て必要なものやしね。母親の為に買ったものは母親が使ってないのでゴミと化していますけど。。。母親の為に買ったスマホはメルカリで売りました。

 

合計で826,452円 月平均82,644円です。

 

あと2ヶ月を17万以内におさめたら年100万円(生活費のみ)達成です。引っ越し費用の10万円なければもっと余裕やったしね。まあ、なんだろ?支出を極限まで減らさなければいけないって思いは特になくて。。。これくらいの範囲内におさめていればいいかなって感じなんですよ。

 

その中で旅行行ったり外食したり好きなゲームを買って遊んだり出来たらいいかなってね。まあ、自分の中ではこの家計簿を見た感想としては合格点をあげてもいいかな。支出、使ったお金=それに対しての満足度だと思うんですよね。満足してたら合格だし、してなかったら不合格ってことですよね。日々の生活では満足いってないんだけど家計簿を数字でみれば。。。いいんじゃねぇーのって思えたので合格なんだと思う。

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。