進撃の無職

働きたくない!44歳独身無職の一人暮らし。 貧乏にもめげずに気楽に年間100万円生活を大阪でしています。気楽に生きよ。相談のるよ。(*^^*)



自分の歩んできた道を振り返る【浪人・専門学校時代】

 

小説 俺はまだ本気出してないだけ

 

前フリが長い。

このまま書き続けていいものだろうか?浪人時代、専門学校時代が続くんだけど。。。。特に何もない。無駄な時間が高校の延長で続く。

 

浪人すれば大学に受かると思っていたので浪人したものの結局、勉強はしなかった。予備校もほとんど通わず夏が終わった頃に大学に行く事を諦めた。よく大学にさえ行っておけば人生は変わったと自分でも思う。この大事な時に勉強して大学さえ行っておけばと。

 

だからといって、もし戻れるんならこの時期に戻りたいですか?って言われたら戻ることはしない。だって戻ったとしても確実に勉強なんてしないと思うからね。でも大学コンプレックスはひどい。自分がコンプレックスに思ってることって、体が貧弱なことと大学に行けなかったことだと思う。

 

未だに年に何回か見る夢が浪人時代の夢なんだよね。時は現代の夏頃、今だと44歳の私が受験勉強しているのよ。44歳で受験ってなん浪しているのよ!って思うんだけど。。。同級生達がもちろん大企業とかで働いていて子供までいるんよ。その子どもたちに混じって私だけエンドレスで受験の夏を何度も過ごしているのよ。

 

そして。。。もうこのままでは間に合わない!!って思うところで目が覚める。体は汗だく。今思い出してもこの夢だけは怖い。

 

もうひとつ見る夢は仕事の夢。

仕事でボロカスに歴代の上司とか先輩に罵られる夢。私の見る夢の二本柱がこんなのだ。普通に怖い。起きたら汗だく喉からから。

 

ああああああ!

 

浪人時代、専門学校時代。

高校三年からの延長、なんの思い出もない。それでも何の根拠もなく普通に仕事は出来ると思ってたんよ。私の小さい頃の夢がサラリーマンだったのよ。普通に背広着て普通に仕事して結婚して家庭作って子供を育てて人生を全う出来ると思い込んでいたのよ。

 

女性ともまだしゃべった事もなかったけど、日曜日に関西圏だけで放送されていた「紳助の人間マンダラ」って番組があってその中に「もてない君」っていうコーナーに出てくるもてない君を見ながら。。。さすがにここまではならないだろうって思いながら見ていたのよ。

 

今が学生やけど仕事したら彼女出来るやろうって何の根拠もなしに思い込んでいたんよ。この年令で毎週日曜日の昼間に家でこの番組を見ていたことじたいがやばいのだけども。土曜日のスラムダンクもリアルタイムに見てたし。。。ほんとずっと土日は家におったからな。

 

TBSの芸能人オールスター感謝祭って今でもやっているやん。

あれってさ。当時、芸能人ってなんでこんな簡単な問題、分からないんだろ?アホすぎるやろ!って思ってたんよ。私は、全問とは言わないけど95%は正解していたからさ。でも今はテレビを見ない生活をしているねんな。そしたらたまに実家に帰った時にあの番組を見てたら出てくる問題に、全く答えられなくなってるんよね。

 

あの番組の問題って家でずっとテレビ見てる人は答えられるのよ。逆にテレビみないような忙しい人は答えられないんよね。

 

そして就職する。

時は就職氷河期。普通は早い時期に就職活動をはじめるのよ。にもかかわらず私はやらずギリギリになって就活をして内定ひとつとったらそれでやめてしまった。これは今も変わらないんだけど、ひとつ決まったらもう次探すのがめんどくさくなってさ。やる気がなくなるんよね。それで何度も失敗しているんだけど。内定貰ったのに断る人っているやん。ほんま、そういう人って凄いと思うよ。

 

自分の歩んできた道を振り返る その4につづく。

 

neet3.hatenablog.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...