40代独身無職の末路

親の介護で働けない44歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので年間100万円貧乏生活をしております。

賃上げ、取り残される団塊ジュニア 若い世代優先だってさ。

f:id:crycat3:20180403202929j:plain

 

温かくなったというのにあいかわらず調子はよくないです。

 

午前9時に起床して午前10時頃に布団から出る。生活のリズムはまだマシになりつつある。午前8時起きの午前9時には動き出すのが理想だろう。就寝は午前2時頃。

 

毎日もんもんとしております。しなきゃいけない事があるわけなんだけど。。。それが全く進めていない。にも関わらず情報、ツイッターにガンガンそれ系のツイートが流れてくるので自己嫌悪になるんだよね。そろそろ動きだしたい。

 

今日は車の整備をしにホンダさんまで行ってきました。駐車なんだけど。。。右も完璧だし左もそれなりにコツみたいなものをつかんだと思っていたんだけど。。。ホンダさんの駐車場ってさ。その手のプロが前におってその整備する人に見られていたらさ。パにくってしまって駐車を普通に失敗したわ。。。

 

 ・ω・

4月中には駐車の練習も完璧に終わらせておきたい。

 

しかしなんにもする気になれない。一足早く5月病になってのかもしれん。つらい。私がこの半年でやっておきたいことはひとつだけなのに。。。それが全然出来ていないんだ。

 

www.nikkei.com

 

 上の記事には、40〜49歳までの世代の年収が減っていて他の世代は増えているといったグラフが掲載されています。

 

今の40代前半から半ばの人たちは、1990年代前半のバブル崩壊後に大学や高校を卒業し、就職した。一部の専門家には「いわゆる就職氷河期に職を得られず、スキルや職歴を積めなかった人の賃金が伸びなかった」との見方もある。

 

なんだろな。収入はある人は何の苦もなく日常を過ごしていて低収入で20年間もストレスたまる待遇で働き続けた私を含めたこの世代の人は普通は壊れる。 そして壊れた結果、平均年収を下げる結果になっているんだと思う。

 

こういう記事、あんまり見たくないよな。望む通りの結果になっただけやのにさ。

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。