40代独身無職の末路

親の介護で働けない44歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので年間100万円貧乏生活をしております。

老健施設に車椅子姿の父親がいた。【親の介護日記90】

f:id:crycat3:20180311195638j:plain

 

今日、母親と一緒に父親の老健施設に行ってきました。いつものように面会用紙に記入して詰め所に用紙を提出し持ってきた荷物等を介護士さんに渡すと、父親が1階でカラオケ大会をしていてここにはいないと言われました。

 

お昼のレクレーション。私も介護をしていた時、よくレクレーションの内容を考えなくちゃいけなくて温かくなった時はお散歩して雨降った時はカラオケ大会をよくしていたなーって思い出したよ。ということで1階にいくとなんかよく分からないカラオケが鳴り響いておりました。

 

大きなテレビ画面が見える位置に車椅子の老人たちが30人くらい?並べられておりました。その中に散髪をした為か髪の毛が短髪になったうちの父親が並んで座っておりました。父親の顔をみると。。。痩せこけた?このことに関しては少しびっくりしたんだけど。。。前回来たのが1週間前で。。。凄く痩せたように私には見えました。

 

 ・ω・

病院にいた時よりも動いているだろうしご飯もちゃんとしたものを出されているだろうしオヤツもあるのに。。。この痩せようは。。。少し不思議に思いました。私は母親と父親が話している姿を見ているだけ。。。毎回、話には加わっておりません。その光景を眺めているだけ。

 

父親の口ぶりとしては病院にいる時よりも元気に見えました。一度退院してから家で過ごした時くらいの状態に近くなったのかなと。。。父親も平穏な日常を過ごせているって感じでしょうか。。。しかし。。。よく分からんカラオケの曲がずっと鳴り響いている。父親はビートルズ世代なんだよな。演歌なんて聴くことなんてないし。。。まあ、他の入居者は戦後生まれてもしかしたら父親くらいかもしれんね。

 

帰りに母親が言ってたんだけど、「お父さん、今日、結婚記念日ってこと知ってたわ。」3月11日は両親の結婚記念日なんよ。 45回目の結婚記念日。もう生活は別々やけどな。

 

neet3.hatenablog.jp

neet3.hatenablog.jp

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。