40代独身無職の末路

親の介護で働けない44歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので年間100万円貧乏生活をしております。

認知症の父親が施設に入った日。これが一番いい選択だったんだと思いたい。【親の介護日記87】

f:id:crycat3:20180223201729j:plain

 

今日は父親が病院から老健施設に転移する大事な日でした。

 

妹が昼頃に帰ってきてお昼ゴハンを食べた後に三人で荷物を持って車に乗って病院へ。父親をみるとそこそこ元気そうな感じでした。病院においてある洗うもの以外の持ち物に油性ペンで名前を書いていく。

 

そうしていると老健施設の人がやってきて父親とお話をしつつ。車椅子に乗せながら連れていきました。車椅子への移乗をみると、看護師もこの施設の人もたいしたことないなーって思いました。施設の人は事務方なのでしかたがないかもしれんけどさ。

 

病院代を払って車で老健の施設へ。

 

入室してから介護師やリハビリの人、あとどういう職種の人かは分からんのだけども何人か家族や父親にお話を聞くといったことをしておりました。介護師と父親のやりとりなどを聞いていると病院よりかはいい感じなのかなと。ちょっと思いましたかね。

 

その後、私だけ施設の手続きなどをして介護師さん達に任せて帰ってきました。まあ、今後どうなるか分からんけど完全にお任せすることにしました。家から車で30分くらいの場所なんだけど。。。車でないといけない場所なんよ。なので私的にはそんなに頻繁に行く気はないんよね。

 

 ・ω・

週1回か2週に1回くらいか行くって感じになると思う。とりあえず入居も決まったしあと少しだけ荷物を運びこまなきゃいけないんだけど。。。入居してから2週間もすれば落ち着くようには思うかな。

 

父親は今は主食がお粥で副食がキザミ食なんやけどさ。転移したばっかりなのでこのまま行くと言われたので、出来るだけ普通食になるようにして欲しいってことと、おやつの時間にコーヒーを飲むことと、病院ではスプーンに気づいてたらなってたんだけど、箸使えると思うので箸使わしてくださいって要望だけしておきました。

 

もう父親にとっては食べることくらいしか楽しみないと思うんでね。それ以外はほんとお任せしました。そんなところかな。やることがいっぱいありすぎて。。。なかなか前に進まないんだけど。。。なんとかひとつひとつ取り除いていって前に少しでも進みたいって思っています。今日は疲れました。

 

neet3.hatenablog.jp

neet3.hatenablog.jp

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。