進撃の無職

親の介護で働けない44歳独身無職。 貧乏にもめげずに年間100万円生活を大阪と和歌山でしています。



お父さんは本当に可哀相な人なのか?妹とまた口論になりました。【親の介護日記65】

僕らはみんな河合荘 4巻 (ヤングキングコミックス)

 

お父さんは本当にかわいそうな人なのか?

 

昨日の夜も妹とその話になりました。本当にかわいそうなのか?子供の頃に一人っ子で貧乏で何も買ってもらえなかったってそういう話を妹がするんだけど。。。たしかにそうかもしれん。

 

ある時期までは私もそう思ってたよ。自分も社会に出て働きだして同じ仕事なんて飲食業で5年働いたのが最長だもん。年収も少なくてとてもじゃないけど子供を養うなんてこと出来ない。ある時期まで尊敬する人は両親って答えていたんよ。朝から晩まで頑張ってよく働いていたなって。子供の頃は貧乏で結婚してからも子供を育てる為に節制していい目もみずに働いていて凄いなって。

 

でもそうじゃなかったって事があとになってバレたやん。若い頃から借金して人に奢ったり欲しいもの買ったりして借金がふくれあがって2度も自分の親(お婆さん)に泣きついて払ってもらってたやん。禁欲してたわけでも節制をしていたわけでもなんでもないよ。好き放題やってたんやって。こういう事が分かったら今まで父親像ががらっと変わる。オセロで盤面が白だったものが一気に黒になるようにさ。

 

父親は物はいいものを持ちたがっていた。時計も高いの何本も買ってたしカバンも背広も靴もいいものを買ってたやん。それがその当時の日本人の普通の姿だったのかもしれんけど、物欲のない私からしたら、やっぱおかしいって思ってしまう。借金あるのにそういうものを欲していたからね。借金してても奢りグセ、それでいて見栄っ張り。ほんと好きにやっていたと思うよ。

 

マイホームにしたって3分の1はお婆さんにお金出してもらってるしさ。その後もまた多重債務になって800万の借金もしてるしさ。そんでもって店する為に500万やろ?妹と一緒にスナックのおばさんに会いにいった時に、お父さん、お金持ってたからって言ってたやん。何人か借金しにくる人までいたしさ。父親は仕事終わった後に飲みにいって酔っ払って調子のいいこと言いまくってたと思うんよね。

 

 ・ω・

私は父親の何度か酔っ払ってる姿を見ているからさ。なんとなく普段の家以外で店で飲んでる感じが分かるんよね。調子いいこと吹聴しまくってたんやろうなってさ。はたしてお父さんはかわいそうな人なのか?今まで家族の知らないところで好きなことしてきたんじゃないの?

 

はっきりいって一番可哀相なのはお婆さんやろ。お婆さんの資産を一人息子の父親が全て食い潰してたわけやからさ。

 

お婆さんは、お爺さんと結婚して姑にいじめられて貧乏で自分も働いてやっとお金貯まったと思ったらお爺さんは言語障害と麻痺状態になってそこから20年くらい介護するはめになって。その間も一人息子の借金の返済を何度もして金の無心されてさ。そして死んだ時には何も残っていませんでしたみたいな。。。まじで結婚してからずっと苦悩の連続やったって感じやん。

 

お父さんは本当に可哀相な人?

 

金使って好きな事して 自分のケツも自分でふけずにその前にボケて家族に全て丸投げして。。。どこがかわいそうなん?じゅうぶんやろ。

 

人ってさ。その人が精一杯生きたかどうかで決まると思うんよね。うちの父親は定年になるまでは好きなことをしてきたんよ。定年後は何の気力もわかずにそしてボケたわけ。もういいんじゃないかな。今の父親によって家族が危害を被ることの方が悲劇やと思うんよ。そういう事をしたいんなら止めないんだけど。。。私は嫌やから!それだけの話。

 

neet3.hatenablog.jp

 

neet3.hatenablog.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...