40代独身無職の末路

親の介護で働けない44歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので年間100万円貧乏生活をしております。

コンビニ人間を読みました。

f:id:crycat3:20171118202007j:plain

 

ちょうど1年前に図書館に予約したら1000人以上の待ちでした。一年間待ってようやく借りる事が出来たよ。文字も大きいし151ページしかなくて。。。え?こういうもんなの?って思いながら読み始めたんだけど。。。一気に読むことができました。

 

芥川賞とかその手の賞をとったからといって、正直よく内容が私的には分からんかったりするものが多いんだけどこれは面白かったよ。著者の村田沙耶香さんも書いた当時は37歳だったみたいなので。。。どうなんだろ?あと10年すればこういう価値観ってなくなっていくのかなって思ったりするんだけど。。。どうなんだろうね。

 

私がよくいう普通の人生。普通な生き方。スタンダードな生き方をしていないと排除されてしまう。でも、もうそういう時代ではないと思うんだけどね。自分が納得さえ出来ればそれでいいと思う。

 

【無職ダメ中年男の1日】

 

f:id:crycat3:20171118202011j:plain

 

特に何にもしていない。図書館で返さなくちゃいけない本と借りる本があったので図書館に行って帰りに晩御飯を買いにスーパーによったらさ100円ケーキの日で、2個も買ってしまったよ。普通にスーパーで売ってるケーキは200円やん。それが物は違うとはいえ100円で売ってるんやからさそりゃあ2個買うっしょ!まあまあ美味しくいただきましたよ。

 

あと実家から持って帰ってきたゴミを分別したくらいですかね。明日の夜には実家に戻らなきゃいけない。1冊だけ本を明日にかけて読んでおきたいんだよね。なんとか頑張って読むよ。

そんなとこ。

ほな!

 

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。