40代独身無職の末路

親の介護で働けない45歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので月10万円を目安に年間100万円貧乏生活をしております。

快適な毎日が送れるのが一番いい。本来ならそれを一番目指すべき場所だと思うんだ。

f:id:crycat3:20170725170217j:plain

 

天神祭って今日でしたかね?もちろん行ってません。遠くで花火の音だけを聞いておりました。

 

今月に入ってこの何週間は特にこれといって毎日なにもしてないんですよね。日雇いを3日ほどしたくらいで。ほんと何もしていない。でもそんなに気分が悪いわけではないんですよね。

 

こういうのってメンタルの問題だと思うんですよね。浮き沈みがあってヒマでする事がなさすぎてつらいって思う時期もあったわけだけど、ここ最近はヒマなんだけど。。。特になんとも思わないんです。平穏なんですよね。

 

やるべきことはちょこちょこあるんだけどこれほど膨大に自由な時間があると、まあ、それなりに終わらせていって数も減ってきているのです。昔なら考えられないことだけど洗い物とか毎回、山盛りになっていたんよ。でもやることがなさすぎて食ったあと30分以内には洗い物してたりするんよ。ほんまやることがなさすぎてすぐに部屋の掃除したりさ。頻繁にするので部屋の掃除なんて10分もかからないんよね。

 

快適な毎日が送れるのが一番いい。本来ならそれを一番目指すべき場所だと思うんだ。

 

また物とお金の関係性ってのがあってさ。私は元々ケチな人間でして出来るだけお金を使いたくない人間なのです。物も衝動買いすることなく必要なものを最小限買うような人間だったのですよ。衝動買いすると大概失敗していたからさ。

 

それでも欲しいものは減ることもなくストックされていくわけよ。いつか買おう。いつか買おうって感じで。

 

最近そういうものをちょこちょこあえて買うようにしているんだけど、そうすると欲しいものがなくなりつつあるんですよね。これはどういう現象なんだろうか?最近、ちょっと私的には物欲に対してはいい感じであります。

 

欲しいって思ってたストックされていたものがほとんどなくなって。もう特に必要ない。欲しくなったらそのつど買っていきダメならダメでたしょうの額ならしかたがない。いわゆる使い捨てみたいな感覚でね。元々ケチなのでこれがうまくいってるようなものなんだろうけどね。

 

この前、お金の流れを少し書きました。

 

neet3.hatenablog.jp

 

上記の記事なんだけどさ。これってなんてことないように思うかもしれんけど、私にとってはかなり安定剤となっているみたいなんです。お金の流れがかなりスッキリして憂いがなくなったって感じ。

 

お金の流れ、そして欲しいものもほぼないし。椎間板ヘルニアで一度は弱った体がほぼ元に戻ったし。やるべきこともだんだんなくなってきてはいるし。規則正しい生活も、いがいと今は昼夜逆転しているけどそんなにメンタル的に落ちないし。平穏になっていていい感じである。

 

物足りなさはもちろん感じてはいるけど、それでも嫌ではない。最悪ではない。まあ、平穏です。普通の人が働いている状態が平穏だと言うなら、私は今のぼーっと毎日過ごしている状態が平穏なんだと思う。

 

今日は今思っていること今の状態を書いてみました。 

 

記述日2017年7月

neet3.hatenablog.jp

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。