40代独身無職の末路

親の介護で働けない45歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので月10万円を目安に年間100万円貧乏生活をしております。

paymoで思ったこと。

f:id:crycat3:20170507040907j:plain

 

paymoのGWキャンペーンが今日までとなっています。もしかしたらまた同じようなキャンペーンが続くかもしれませんけど。。。

 

アプリ入れるだけで1000円、招待コードを入れて500円、初めての請求して500円、初めての支払いして500円のGWキャンペーンは計2500円分をもらうことが出来ました。

 

あと招待するだけで500円 。これも大きかったです。この会社は今このアプリを普及させる為に金をばらまいている状態なんだと思います。無料でお金を配ってるんですよね。今回、このことに関して私が思ったことを少し書いてみたいと思います。

 

 Kindle本

去年、私はKindle本を出版しました。ブログのシークレットで2年間書いていた記事を編集してそれをKindle化したものです。販売額は100円でした。

 

アマゾンだと販売額が100円なら取り分は30%です。それで100人ちょっと買ってくれた人がいて利益は4000円くらいだったと思います。Kindle化するのにいろいろ時間かけた結果、対価は4000円でした。

 

neet3.hatenablog.jp

 

ラインスタンプ

一昨年に私はラインスタンプを販売しました。これは私が描いたわけではないのですが、描くのに2週間くらい。審査が通ったのがそれから3ヶ月後でした。

 

ラインスタンプは120円の50%が取り分なんですかね。でも細かい数字は分からないのだけども未だに利益は2000円もいってないと思います。めちゃめちゃ凄い時間かけて2000円です。

 

neet3.hatenablog.jp

 

たしかにKindle出版にしてもラインスタンプにしても才能のある人は作れば凄い額を稼げることが出来ますよね。でもなければ全く売れなければ労力にみあうだけのお金をもらうことが出来ません。

 

 ・ω・

でもpaymoのように企業がキャンペーンなどのお金をばらまいている時なら無能な人間でもお金を拾うことが出来るんですよね。paymoではKindleやラインスタンプをすぐに超えることができました。

 

例えば楽天のツールバーをインストールするだけで1000円もらえるやつとかさ。そういう小銭だけどコツコツ拾っていくのが無能な人間には一番いいのかなと今回のpaymoを通して思いましたかね。

 

f:id:crycat3:20170507045500j:plain

 

小銭は恥ずかしがらずに拾いましょう。

座右の銘にしたいくらいですね。

そんなとこ。

ほな!

 

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。