40代独身無職の末路

親の介護で働けない44歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので年間100万円貧乏生活をしております。

一生お金に困らない生き方を読んだ

f:id:crycat3:20160709113609j:plain

 

「一生お金に困らない生き方」を読んだ。

言ってることはなんとなく分かるんだけど。。。

でも自分は実践する事はないだろう。

ようはもっとお金を使えばお金は戻ってくるというわけだ。

まあ、貧乏性だからどうしようもない。

 

 

日本人の成人男子の一年間の平均寄付額はたったの2,500円

これに対してアメリカ人は平均寄付額は13万円も寄付をしているそうです。

日本人はいかに、自分のお金を減らしたくない国民か分かりますよね。

自分は損したくない。

お金を手放したくない

人のために使いたくない。

それが日本人のお金に対する価値観のようです。

 

こういう事が言われていた。

お金の価値観が欧米とは全く違うんですよね。

寄付文化が根付いてないといいますか。。。

チップの感覚も分かりませんもね。

だからといって寄付しようと思う気にもならず。。。

まあどうだろ?

今までこんな内容の本は読んだことなかったので。

分かるーって思う人もいるんだとは思う。

一度読んでみるのもいいかもしれん。

そしてどんどんお金を使って経済をまわして欲しい。

 

【那須別荘物語】

 

今日は一日中、雨だったのでずっと部屋の中にいました。

朝からパソコンとにらめっこしながらブログを書いていた。

まあ、こんな日があってもいいやん。

明日は晴れみたいなのでお外に行ってくるよ。

 選挙番組は見ないと思う。

  

by カエレバ

 

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。