無職という名の貧乏セミリタイア

親の介護問題を抱えながらも貧乏で無謀なセミリタイアも5年目に突入しました。年間100万円生活実践中!2019年夏からアラフィフyoutuberもはじめました。見てね。

無職だとあっというまに時間が過ぎるでしょう?という事を改めて考えてみる。

f:id:crycat3:20160318012656j:plain

 

無職になって4ヶ月がたちました。

 

ニコ生で無職だとあっというまだったでしょう?というコメントがありましたので。そのことについて今回は書いていきたいと思います。

  

あっというまと言われたらあっというまだし。そうではないと言えばそうではないし。。。微妙な感じです。何と比較してってことになると思うんだけど。仕事をしている時に比べて。。。どうだろ?

 

仕事をしている時は毎日が嫌で嫌でしかたがなかった。給料日だけが楽しみでそれだけの為に毎日、仕事をしていた。工場の時は一年更新なので一年も働くのか。。。長いなー。一ヶ月長いなー。そんな思いで日々を過ごしていました。

 

実際問題、働いている時の一ヶ月は長いです。そして一年は凄く長い。でも終えてみると。。。あっという間なんですよね。未来は長く感じる。でも過去はあっという間。働いていた一年を振り返っても、その時々の一ヶ月を振り返ってもさ。仕事と家との往復でそれ以外のことはあんまりなんもしていない。

 

仕事だけに時間を奪われていたわけやん。結果、一ヶ月を振り返ってもそれ以外で何した?って考えると何もしてなかったりする。私は毎日、こうやって日記を書いているので詳細なことまであぶり出すことは出来るんだけどね。それでも何もしてない。結果、あっという間に過ぎたという感想になる。

 

・ω・

無職になってからはどうかといえば。そこまであっという間とは思わない。でもあっという間じゃなかったとも思わない。それなりにやる事があってやってきたり株の乱高下を経験して毎日、ハラハラしながら過ごしているから。

 

いがいと濃厚な感じはするんだけどね。気のせいかもしれんけど。まあ、私の場合は自分の頭に思い浮かんだことがちょこちょこと実現出来ているのでまあ、それなりにやった感があるので。濃厚やったと思ってるんやろうね。ただの自己満足です。

 

でもこれが大事だと思うんだ。

 

自分の人生において自分自身が失敗したとしても納得出来ているならそれはOKってことだと思う。

 

一般論だけど。旅行で目的地があってその目的地までの行くときよりも帰りの方が時間が早く感じるという。私も駅からネカフェにいく時に行きは時間かかったと思うのに帰りにあれ??思ってたより近いやんって思うことよくあるもん。

 

これは自分が初めてみる光景だと時間は遅く感じるけど一度見た光景だと早く感じるようになるらしい。人生でも小さい頃は見ることが何もかもが初めてのことばかりやん。だから長く感じる。でも大人になればだいたいのことを経験しているので今まで経験したことのルーチンワークになるので時間が過ぎるのが早く感じる。

 

ということは40歳こえたとしても経験のないことをするようにするとそうは感じないかもしれないね。新しいこと、今までやってないような挑戦とかさ。

 記述日2016年3月

neet3.hatenablog.jp

neet3.hatenablog.jp

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。