40代独身無職の末路

親の介護で働けない45歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので月10万円を目安に年間100万円貧乏生活をしております。

2018-02-23から1日間の記事一覧

認知症の父親が施設に入った日。これが一番いい選択だったんだと思いたい。【親の介護日記87】

今日は父親が病院から老健施設に転移する大事な日でした。 妹が昼頃に帰ってきてお昼ゴハンを食べた後に三人で荷物を持って車に乗って病院へ。父親をみるとそこそこ元気そうな感じでした。病院においてある洗うもの以外の持ち物に油性ペンで名前を書いていく…

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。