40代独身無職の末路

親の介護で働けない45歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので月10万円を目安に年間100万円貧乏生活をしております。

2017-03-12から1日間の記事一覧

敗れざる者たちを読みました。

沢木耕太郎の最高傑作という人もいるみたいです。この本は百田尚樹の「ボックス」を読んだあとにこれも読んでみたら?とコメントがついたので借りて読んでみることにしたんだよね。ボクシング、野球、競馬などを題材にしたものの短編を集めたものです。

愛すべきバカ

自分は小さい頃から内向的でわりかしマジメな子供だったと思うのです。よくその時代時代で小学生にもなってとか中学生にもなってそんなバカな事してとか言われないようなタイプ。 でも考えてみれば子供が子供らしくバカやっても全然おかしいことではない。子…

3月定例 無職のオフ会をしてきたよ。

今日は毎月恒例の無職の会をしました。いつも月の下旬にするんだけど今回は私が東京に行くので早めな開催となりました。前回は昼夜逆転していたんですよね。一ヶ月たってもう規則正しい生活に戻っております。それだけでかなりの前進したってことなんでしょ…

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。