40代独身無職の末路

親の介護で働けない45歳独身無職。お金をかけずに行きていくしか方法がないので月10万円を目安に年間100万円貧乏生活をしております。

2016-03-18から1日間の記事一覧

洞窟オジさんを読みました。

昭和35年、当時13歳だった少年は両親からの虐待から逃れる為に足尾銅山の洞窟に家出する。家出したまま山の中で生きてきて壮絶な人生ドキュメンタリーっていうんですかね。一応、13歳から43年間一人で生きてきて56歳くらいに本を出版。それから11年たち…

無職だとあっというまに時間が過ぎるでしょう?という事を改めて考えてみる。

無職になって4ヶ月がたちました。 ニコ生で無職だとあっというまだったでしょう?というコメントがありましたので。そのことについて今回は書いていきたいと思います。 あっというまと言われたらあっというまだし。そうではないと言えばそうではないし。。…

団塊ジュニアで就職氷河期世代の40代、今はぎりぎりアラフォーだけどもうすぐアラフィフ。友達もいなくて孤独でひとりぼっち。お金もないのにひきこもっていたら家を追い出されて一人暮らしをはじめる。投資家をめざすが株とFXで大負けして借金を背負う。もう疲れたよ。貯金なしから就職するが社会に適応できずにバックレる。その後もアルバイトで食いつなぎついには無職になる。孤独。貧乏くじ。毎日、不安と落ち込みが激しいです。苦しい怖い悩みはつきないけど生きていかなければいけない。貧困だけど働きたくもない。お金もないし43歳のときに父親が認知症になり介護が必要になる。未婚で貧困さらにニート。社会のゴミと化しています。モテないし人生うまくいかない。毎日、不安で不安でしかたがない。