進撃の無職

一人暮らし44歳の高卒底辺無職男。 貧困にもめげずにテキトーに年間100万円生活を大阪でしていましたが、父親が認知症になってから介護の為に実家と家の往復生活がはじまりました。



負け組って何ですか?オレは負けていない組!ネットカフェ”ワケあり”長期滞在者の動画を見ました。


ネットカフェ難民 ドキュメンタリー 漫画喫茶 のコピー

 

ツイッターで「負けていない組」という言葉が話題になっていたので「ネットカフェ”ワケあり”生活 現代の若者たちの本音とは?」という動画を見ました。

 

取材は新宿歌舞伎町店のネットカフェ。私も東京に行く時はネカフェに泊まるわけだけど、長期滞在者っぽい人が毎回そんなにいるようには感じなかったりするんだけど。。。新宿のネカフェは独特なのかもしれん。

 

部屋は1.5畳。24時間の利用で2400円、このお店は64室あるがその中で3ヶ月以上の長期滞在者約30人はいるとのこと。多いですね。番組では長期滞在者である21歳の女性と33歳の男性の二人を取り上げておりました。

 

【ネットカフェで暮らす21歳女性】

 

壮絶な人生!とナレーションでは盛り上げているんだけど。。。そういうふうに祭りあげるのはどうかと思ったかな。壮絶でもなんでもないしこの21歳の女性にしても次に出てくる33歳の男性にしても想像出来るような人達やと思う。普通です。

 

『一人で家を借りて全部自分でしなくちゃいけないのは疲れた。家賃でためるよりかは毎日の方がその日の生活を決められるので自分は結構こういう暮らしが合っている気がして切羽詰まっている方が生きている感じがする。』

 

 まあこういう時期もある。感覚的にはドヤ街、東京の山谷や大阪のあいりんで生活していたおじさんとかその日暮らしをしていた人とかこんな感じやったんちゃうかなって思う。今は生活保護の街になってるけどさ。

 

 

『実家に戻るきはない。やっぱりどうしても近くにいるとそれに甘えてけんかすることとかあるじゃないですか。感謝をしなくちゃいけない。って』

 

ナレーションでは「かいまみえる家族への複雑な想い」とまとめられてるけど。。。そうか?ここらへんの感覚が分からん人が番組を作っちゃってるのがダメなんだよな。

 

複雑で特殊な思いでもなんでもなく普通のことだよ。私は彼女の「やっぱりどうしても近くにいるとそれに甘えてけんかすることとかあるじゃないですか。」って叫びがめっちゃ分かるわ。

 

一人の方が楽やし彼女の場合が一人になれる場所がネカフェだっただけでしょ。職場も近くにあるしさ。

 

『一番はじめに分かったことが親でも他人 家族でも他人なんだな。親は親っていうけど結局全部自分のせいなわけですよ。選択しなのは。』

  

21歳でこういう事が言えるって凄いと思うよ。私は行動を起こしたのは20代の後半やったからさ。 ちょっと病んでるようにも見えるけど。。。まあ、こういう時期もあるさ。順風満帆な人生を送ってる人ばっかりではない。そりゃ、番組作ってる連中には分からんことやと思うよ。

 

【ネットカフェで暮らす33歳男性】

経歴は、出身が北海道で高卒後派遣で働く。残業が140時間くらい、1日拘束15~16時間くらいやったと。北海道で時代的にも仕事がそれくらいしかなかったんだと思うし飲食だと私もやってたけどそれくらいの拘束時間やったよ。

 

薄給なので退職して上京して正社員となったが喧嘩して辞めてその後は職を転々としていて今は日払いの登録制のバイトで食いつないでいる。

 

『やばいなっていうのは本気で感じますね。楽っすよね 何も責任もないし ただただふらふらしている。』

 

経歴的にもこういう時期は誰しもあるよね。実際に私もこんな時期があったしネットで知り合った人達もこんな感じやった。20代後半~30代前半だとこんな感覚ってのは分かる。

 

30代後半になると深刻になりだし40歳を超えるとまた違った景色が見えてくる。絶望っていう景色がな!

 

『負け組って何ですか?負けて思ったら負けなわけで別に負けていると思っていないし勝ち組でも負け組でもなく負けていない組。』

 

f:id:crycat3:20180317195925j:plain

 

 

仕事を辞める時に喧嘩するくらいだから、この人は外交的なんだと思う。外交的な人だとこういう時期はこういう言動になるんだと思う。私は内向的だったので口には出さなかったけどまだ可能性はあると信じてた。私もこういう時期があったのでなんかわかるなーって感想しかないな。

 

社会で生きていく上では我慢が必要かなと思うんですけど。

 

と取材するヤツが意地の悪い嫌な質問をする。お前は親かよ!

 

『その通りです。ただそれがしたくないんです。僕はこれで終わりたくないっすね。』

 

と必死に言い放つ33歳男性。無力なのは分かっているが「うぜぇよ!」って本当は言いたかったのだと思うよ。

 

33歳 今の生活から抜け出したいという思いはあるが満足している気持ちもあるため。行動にはうつさない。それが勝ち組でも負け組でもない。新たな若者像、負けてない組なのかもしれない。

 

というナレーションでしめくくる。

 

あほか!新たな若者像でもなんでもない。昔からおったわ。10年前にもおったし15年前にもおったわ!実際に私はそのど真ん中やし周りもそんな人おったっちゅうねん。長時間労働して酷使し続けてもうええわ。って楽になりたいって思う人間はそりゃおるやろ。真面目にずっと我慢して働き続けるヤツばっかりって思ってるのがおかしいんよ。

 

一応、この番組に出てきた二人は働いていてそれで生活してるわけだから別に何も言われることもないと思うよ。私はその日暮らしみたいなのは無理やからさやらんけどね。でも一時的にこういう生活をする時期をも否定するってのはいいこととは思わない。

 

ミミズだってオケラだってアメンボだってみんなみんな生きているんだ友達なんだ。

 

↓いろいろと動画を見て思ったことを書いております。

neet3.hatenablog.jp

neet3.hatenablog.jp

neet3.hatenablog.jp

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...