進撃の無職〜父親が認知症!介護地獄編〜

一人暮らし43歳の高卒底辺無職男。 貧困にもめげずにテキトーに年間100万円生活を大阪でしています。



認知症の父親の金銭的な過去3

f:id:crycat3:20171006232258j:plain

 

【父親は借金まみれ】

 

私達家族は何も知りませんでした。

父親が警察に捕まるまでは。。。警察に捕まって調べられて多額の借金がある事が判明する。総額500万円。

当然、父親の母であるお婆ちゃんにも連絡がいく。ここから父親の私達家族が知らない事実が次々と判明していくわけなんよ。

 

父親はどうも昔から借金癖があったらしいのよ。借金して自転車操業して借金額が膨れ上がってクビがまわらなくなると、どうやらおばあさんに頼って今までは借金を返済してもらっていたようなんだ。こういう事が一度だけでなく二度三度とあったらしいのよ。もうこれが最後だよって言いながらお婆ちゃんも一人っ子の息子の借金を困りながらも返済していたんだろうね。

 

今までは隠密にお婆ちゃんが返済していたので、家族には知られる事がなかったのよ。私はおばあさんから直接、話を聞いたわけではなく母親からづてに聞いただけ。なので詳しく突っ込んだ話はしていないので詳細な事までは知らないです。

 

なぜ借金をしたか?

 

奢り癖とか買い物とかそんなところなんだろう。父親が言うには若い頃に上司にいろいろと奢ってもらっていたので自分も部下をもったら同じようにしていたとのこと。それで何故、そんなにも何度も借金でクビがまわらなくなったのか分からない。私からしたらありえん話だし納得出来ないんだけどね。

 

一家の大黒柱でずっと働きづめだった父親。影では借金をつくってお婆ちゃんに自分の尻拭いをしてもらっていたってわけです。

 

お金にはほんとルーズだったんだと思う。金銭の管理が出来ない人。営業で会社の経費とかも使えるんよ。そういうのも使いつつ自分の小遣いも使いつつ、それで金がなくなったら借金しつつみたいな感じだったみたい。昔、日曜日の夜くらいにさ。父親が会社の仕事といいながらレシートを見ながらワープロを打っていた姿を見ていたんよ。当時は仕事、家でもしなきゃいけないなんて大変やなって思っていたわけだけど。。。今思えば会社の経費の帳尻合わせをしていたってことだったんだと思う。

 

会社の経費を自分の金と思い込んでしまうんでしょうね。自分の金と会社の金を混同していく。で月末になってその帳尻をあわせる為に金策に走るみたいなさ。ほんと金にだらしない典型ですよね。

 

父親のこの金銭感覚ってなんなんでしょうか?

まじで私からしたらありえないことです。借金して人に飯奢ったり、高級なものを買ったりはっきりいって頭おかしいと思う。

 

結局、この500万の借金は誰が払ったんだろう?おばあさんかな。母親やったかな。ちょっと覚えてないです。裁判の費用100万円は母親が払ったとは思うんやけど。。。。これさ。それまでも3回ほどおばあさんに借金返さしてたんよ。1回300万円としても900万やからね。今回、借金500万+裁判費用100万。これだけでも1500万やからな。

 

これに今の家買う時にもお婆さんから1000万くらい出させてるしさ。酷い話だよ。私は社会に出てから親に金の無心なんて一度もしたことないからな。こんな非正規と無職を繰り返していても一人でなんとかやってきたんよ。父親の方は結婚して家族持ってちゃんと普通に働いてる風だけどこの時点で2000万以上はお婆さんから金の無心してるんよな。酷くねぇ?

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...