進撃の無職〜父親が認知症!介護地獄編〜

一人暮らし43歳の高卒底辺無職男。 貧困にもめげずにテキトーに年間100万円生活を大阪でしています。



無職の介護その夜

マンガでやさしくわかる認知行動療法

 

親から木曜日に電話がかかってきて金曜日に帰ったんです。

当初は電話では父親が怪我して動きがにぶくなっていて記憶が不明な部分があるとのことだったので買い物と病院に連れていくって事をしていけばいいのかなって感じやったのです。なので病院も来週の木曜日ってことだったので実家に何日もいてもしかたがないので土曜日の夜にいったん帰るわって言ったんよね。

 

実家にいてもやる事ないですし。。。息つまりそうになりますしね。また来週も行かなきゃいけないわけで。。。。

 

そしたら昨日書いた記事を予約投稿したあとにさ。夕方くらいかな。私は二階のベットで横になっていたのよ。そしたら下で母親の声が聞こえてきてさ。なんかまたヤイヤイ言ってるのが聞こえてきたのよ。なんかやってるやなーって思ってそのまま寝てたんだけど10分くらいしてもやまなかったので降りていったのね。

 

父親が職場モードになっていて、◯◯さんにこの書類を渡さなきゃいけないとか、なんかそんな感じで口調もずっと敬語。で、母親が「私、誰よ」って言うと「渡辺さん。いつもお世話になっています。」みたいな。「あなたの奥さん誰よ!」って言うと「私の奥さんは家にいますけども」みたいな。まあ、認知症やろうね。

 

母親も母親でいちいち絡んで激高して「なんで敬語なんよ!!」とか言って泣き出すしさ。

 

いやだからさ。まともじゃないんだからまともに受け答えなんかしたらあかんって。母親も一応は介護ヘルパーの受講したことあるんよ。実習にも行ってるのにね。

 

父親は父親で「今までお世話になりました。今日かぎり仕事をやめて家に帰ります」とか言って二階にあがってリュックの中に服つめて出ていこうとするし。。。それを見て母親はキレだすし。

 

その光景を見て、これは認知症やね。当初想定してた以上の事になっているのでこれは妹にも言っておかないとやばいなって思って妹にも電話をかけて話す。

 

リビングで父親が「もう帰らないといけないんですけど、いつまでここにいてたらいいんでしょうか?」って聞くので「そこに座ってテレビ見てたらいいんじゃないですかね。まあ、9時くらいまでいててください。」って伝えたら、おとなしくじっとしてたわ。

 

 ・ω・

その後にまた変わって二重人格みたいな感じなのよ。声のトーンとしゃべり口調が違うんよね。声質で元に戻ってると思って、「明日、妹がくるんやって」父「あ、そうかあ」私「前、来たのっていつ?お盆に戻ってきてた?」父「いや来てないよ。いや、お盆に戻ってきたな。帰り駅まで車で送ったわ」みたいな。

 

職場での話し方と身内の話し方はやっぱ違うんよね。家から会社関係?の人と電話で話す時とか外での話し方が、まあたしかにあんな感じやったなってさ。

 

とりあえず母親には職場モードになったら適当に返事してまともにとりあったらあかんよって。あとは外に出ない限りは好きにさしたらいいとだけ言った。あと車のキーを隠した。そんなところかな。

 

予定通り私は土曜日に実家を出た。どうしようかなと思ったんやけど妹が日曜日に来てくれるっていうので。。。とりあえず私は水曜日にはまた戻る。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...