進撃の無職〜貯金が尽きるまで貧乏セミリタイア!〜

一人暮らし43歳の高卒底辺無職男。 貧困にもめげずにテキトーに年間100万円生活を大阪でしています。



老化と健康について中年男が語ってみます。

f:id:crycat3:20170408211437j:plain

 

今回は私の健康について書いていこうと思います。私は小さい頃から体が貧弱でヒキコモリ体質だったので顔もいつも青白く、周りからしんどいの?って言われるような人間でした。でも虚弱体質に見えるけどそんな事は全くなく普通の子よりかは病気などもしなかったと思います。

 

 

途中から私はしんどく見られるんやって思ってしんどいふりをしたり体調が悪いふりをしてズル休みをするってテクを覚えましたけどね。

 

30歳までは盲腸で入院したのをのぞくと特にこれといった病気にもかからずに毎年、風邪にもかかることなく病院に行ったのも盲腸の時くらいでしたかね。なので健康保険とかも30歳までは無職の時とかは入っておりませんでした。大丈夫でしょって感じで。。。

 

それでも30歳を超えるとなにがあるか分からないので国民健康保険には入るようにしました。健康体でいるといざ病気になると凄く弱いです。判断が間違うのですよね。私なんて一人で病院にいった経験がないもんだからさ。なんかあっても寝てたら治る!病院行かずとも二、三日寝てたら治る!自然治癒力が一番!信仰っていうんですかね。

 

よく朝、風邪になったみたいでしんどくて会社に休むと電話する。電話の向こうからは病院にいきやーって言われるんやけど。。。しんどいのに歩けないくらいしんどいのに病院なんてどうやっていくの?って私なんてまじで思います。しんどいのに病院行って説明して診察までめっちゃ待って。。。こういうことって普通はみんなするもんなの?って。

 

一人暮らしをしていると病気になった時が一番大変です。何も出来ないですよ。動けないですよ。会社に仕事休みますって電話するのさえしんどい。病気の時は無断欠勤していいことにしない?それか病気の時はメールでいいとかさ。

 

そんなに病気しない私も30歳を超えたあたりからちょこちょこ病院のお世話になっています。飲食、介護の時期にノロにかかっていますし。。。腰痛になって鬱病にもなりました。

 

2014年は小指骨折

右手の小指なので効き手ですよ。固定するために右手全て使えなくなるしもうどうやって日常生活を過ごしていくの?って感じで左手で滑稽な毎日を過ごしていましたよ。なんでこんなことも出来ないの?みたいなさ。

 

crycat.blogo.jp

 

2015年は顔面火傷

顔面ケロイド状態。もうこのままブラックジャックみたいな顔で生きることになるんかなと諦めていましたね。アズノールを顔に塗りたくっていた2015年初夏。

 

crycat.blogo.jp

 

そして2017年はもう厄年も終わったしもうないやろうと思った矢先に右腕のしびれ。前2つに比べたら、たいしたことないようにみえたんだけど。。。どうやら首が原因らしいし一番治りにくいパターンなのかもしれん。

 

これは私だからっていうより老化なんですよね。年齢を積み重ねていくと誰にも何かしらおこっていくもんなんですよ。若い時とは違うのです。体に障害がおこってくるもんなんですよ。介護の実習で訪問介護行った先のおばあちゃんが一人暮らしをしていたんですよね。その方、高齢なのに一人暮らしをしていて普通に過ごせているようにぱっと見は見えたんだけど、何箇所も医者にかよっていたりしてお薬も凄い数飲んでいたりしたんよ。みんな何かしら痛みを抱えていて過ごしていると思うんですよ。

元気な老人もいると思うけどそれでも痛みはあると思う。

 

やりたい事を老後にやろうとか時間が出来たらやろうなんて思っている人がいたら考えなおした方がいいってほんと思うわ。年とったらモチベーションも下がるし集中力も下がっていくし体力もなくなっていくしさ。私も今、右腕痛くて不安でいっぱいやけど。。。それでももう40歳超えてるししゃあないなって思える部分もあるからさ。20代でこんなことになってたら絶望になってたかもだけど。

 

もうしょうがないよねって、この痛みを抱えながらでもしょうがないよねって割り切れる部分もあるんよね。健康は気をつけていたとしても人間死ぬときは死ぬ!

 

f:id:crycat3:20170408212647j:plain

 

そんなとこ。

ほな!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...