進撃の無職〜父親が認知症!介護地獄編〜

一人暮らし43歳の高卒底辺無職男。 貧困にもめげずにテキトーに年間100万円生活を大阪でしています。



石垣島旅行!どしゃぶりの雨の中で西表島(4日目)

f:id:crycat3:20170225074309j:plain

 

石垣島旅行4日目、朝起きると石垣島は雨でありました。もうずっと雨ですよ!!朝に石垣塩のメロンパンを食べたんだけど、特に変わったこともなく塩の味がするメロンパンでした。この日は西表島に上陸します!!西表島は石垣島よりも大きい島なんですよね。

 

 

今回は、フェリー3日間乗り放題のチケットを購入しましたので1日目は竹富島、2日目は西表島、 3日目はまだ内緒!このチケットも最初は悩んだんですよ。雨やのに離島に行ってどうするんだ?って感じでさ。でもいがいと観光客もいて雨でもフェリーに乗ってるのをみると。。。まあ、雨でも行ってみよってことになったのんよ。

 

フェリーに40分くらいで着くわけだけど雨で波が高くて酔いそうになりましたよ。大原の港に着くともちろん雨!!レンタカーの業者が迎えにきてくれて車を借りる。まずは南の一本道を突っ走る。

 

f:id:crycat3:20170226171152j:plain

 

忘物石の碑あたりの海岸。

これはどういう風になったらこんな岩になるんだろ?説明は特にない。

 

f:id:crycat3:20170226171153j:plain

 

どうです?きれいじゃないですか?雨がやんで晴天になってきていました。波のざーざーっていう音色が心地いい。晴天!気温も温暖!そしてきれいな海!石垣旅行に来てからあんまり出会わなかった光景ですよ。少しの間、この景色に見とれておりました。

 

f:id:crycat3:20170226171155j:plain

 

南風見田浜にむかう途中にあったサトウキビ畑。っていうかサトウキビ畑はそこらじゅうにあるのでそんなに珍しくはない。石垣の商店街でもサトウキビを売ってたけど。。。どう考えても美味しくなさそうなので買うのはやめましたけどね。

ヤギが大量に飼われている場所があったり、牛がいたりのどかな風景ですよ。ここは。

 

f:id:crycat3:20170226171154j:plain

 

南の道の終着地点である南風見田の浜です。天気も晴れているし今日こそは雨も降らずいい旅行日和になるのか?私にも天使が微笑むのか?ってこの時は思っておりました。

 

f:id:crycat3:20170226171156j:plain

 

南の道は行き止まりなので北の道の行き止まりまでいくつもりで車を走らせる。途中でガジュマロの木の群生地点が出現するといっても、そこらじゅうにあるのでだんだんと見つけた時に嬉しさも半減していくけどね。

西表島にはコンビニはなくスーパーが何件かあるのみ、飲食店も大原の港近くと上原の港近くにしかないとレンタカー屋さんに言われたのでした。人が住んでいる場所が限られているのでそこにしかお店はないよとのこと。

ガソリンスタンドもレンタカー屋近くに2店舗あるのみ。

 

f:id:crycat3:20170226171200j:plain

 

道路のいたるところにイリオモテヤマネコに注意!っていう看板が出ています。ほんとこれでもか!これでもか!ってくらいに何個も連なって看板が出ています。これは西表やまねこが出没している地点に重点的に置いているみたいです。

 

f:id:crycat3:20170226171158j:plain

 

西表野生生物保護センター

天然記念物の西表ヤマネコは西表島の山の中に住んでいるわけではなく、比較的平地に住んでいるということなので人間が住む場所と重なるらしいのです。人が西表ヤマネコの居住空間に侵入してきた形となるわけで、そこに道路をひいて車走らせているので交通事故が多発しているとのこと。

 

f:id:crycat3:20170226171157j:plain

 

とにかく木と山が広がっています。西表島の周囲に道路があり島の大部分は車が通るような道は存在しない。トレッキングやカヌーやらで内陸に入ることは出来るけどって感じでしょうか。北の道に入ると山の天候からなのだろうか?小雨が降り出してくる。

 

f:id:crycat3:20170226171159j:plain

 

海中道路を超えて上原港近くのデンサー食堂で昼食をとることにしました。豆腐チャンプル!外は凄い雨!車は上原港に停めました。しかし。。。上原港は大原港に比べると寂しい感じの港っていう印象でした。

 

・ω・

食べた後に車で終点地点まで走らせるが。。。。終点は学校がありました。ずっと雨!それも大粒の雨で外に出れないくらいの大雨やったのです。当然のごとく何も出来ずに砂浜とか景観とか雨で見れるもんなんてなんもないんだよ!!!

やっぱり雨に呪われているよね。もう西表島でやることないわ。あ!そういえば、由布島って観光地やん。あそこだったら雨でも時間潰せるかもってことで由布島にむかうことにする。

 

f:id:crycat3:20170226171206j:plain

 

由布島

雨がやむ。え?わからんとです。西表島の北側にいくと雨になってそこから南下すると雨があがる。ほんと島の天気はよくわかりません。昔から山の天気はとかいうやん。島も分からんよ。石垣島でもその傾向はあったしね。とりあえず雨があがっていました。

こんな感じの牛車がお出迎えしてくれます。これに乗って由布島に上陸するのだ!

 

f:id:crycat3:20170226171207j:plain

 

私が乗った牛車は子供?4歳くらいの牛がひっぱっていました。8人乗りくらいですかね。大人だと14人乗りのをひっぱるみたいです。牛車屋さんが三線をひきながら小粋に歌ってくれました。涙そうそう。

牛車屋さんってここと竹富島にしかいないそうです。へぇー。

 

f:id:crycat3:20170226171202j:plain

 

こんな感じに浅瀬を牛車で渡るとです。浅いので歩いてでも渡れそうですけどね。でも、一日に何往復も牛が牛車をひっぱっていてそのたびに、途中でウンコをボロボロしてるので歩いて渡ると汚いかもね。

 

f:id:crycat3:20170226171204j:plain

 

牛車で渡ると由布島は植物園になっております。色鮮やかな植物達、ブーゲンビリアなどのお花も咲いていますよ。

 

f:id:crycat3:20170226171203j:plain

 

蝶も飛んでいたりします。きれいですね。

 

f:id:crycat3:20170226171205j:plain

 

そして水牛達。水牛には有名人の名前がつけられており、イチローや裕次郎とか産まれた年によって有名人にあやかって名付けられていると係の人がおっしゃっておりました。由布島の帰りの牛車で、行きは、なんていう名前の牛に乗ってきたか覚えていますか?って言われて客が「杏里」って言ってたんだけど。。。これって坂口杏里のこと?

 

f:id:crycat3:20170226171208j:plain

 

帰りの牛車からの風景。もう少し遅かったら夕焼けの感じできれいな写真が撮れるんでしょうね。レンタカーの返却時間があるので無理やったけどさ。

あと竹富島の星の砂売ってる人とかここの牛車屋さん、やいま村の人とかで働いている人は沖縄の人よりも県外の人が多かったように思う。地元の人は外に出ていっちゃうんですかね。

 

f:id:crycat3:20170226171210j:plain

 

西表島をあとにして石垣島で夕食です。定食屋「岩」にてソーキ丼をたのむ。

 

めちゃめちゃうまい!

 

こういう店って店の場所がわかりづらいんよね。普通に歩いていて探すのって無理やと思うわ。お客さんは続々と来てたけどさ。石垣って居酒屋みたいな飲み屋ばっかりなのかなと思ってたら探せば定食屋もあるみたいやね。もう少しちゃんと探しておけばよかったなって後悔だよ。

 

f:id:crycat3:20170225074338j:plain

 

御菓子御殿の紅芋ショコラ。これも夜のデザートとして買ったんだけど美味しかったよ。もう紅芋ずくしですな。

そんなとこ

ほな!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...