読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進撃の無職〜貯金が尽きるまでセミリタイア!〜

一人暮らし43歳の高卒底辺無職男。ミニマリストを目指すがまだシンプルライフ! 貧困にもめげずにテキトーに年間100万円生活を大阪でしています。



石垣島旅行!雨の竹富島で今日はソーキーdayだあ!(三日目)

日記 日記-旅行

f:id:crycat3:20170225074310j:plain

 

石垣島三日目の予報はもちろん雨!この日は竹富島にいくことにしました。フェリー乗り場には具志堅用高像がみんなをお出迎えしてくれています。

雨というのに竹富島に行く船は観光客でいっぱいでありました。まあ、石垣島からフェリーで10分くらいで着く島なので船酔いはしなかったですよ。

 

 

竹富島へ着くと牛車、レンタル自転車を使うお客さんを島の人達が待っておりました。港からバスで集落まで連れていってくれるみたいだけど私は金がないので歩きです。

竹富島の周囲は9キロくらいなので余裕で歩けるっしょって思ってさ。 港から反時計まわりに歩いていきます。

 

f:id:crycat3:20170225074311j:plain

 

まず歩いていると現れたのが集落跡。昔はここらに集落があったらしく発掘したんだって。白いものはサンゴの死骸でたぶん壁や家の土台に使われていたと思われる。

まあ、この場所はほとんど誰も訪れる事はないんだけどさ。島の周囲を歩いている人間なんて一人もいなかったよ。しかし。。。この島はカラスが多い。

 

f:id:crycat3:20170225074312j:plain

 

ここはおそらく個人のお墓。沖縄は本土とか違って独特のお墓なんですけど、この島ではまた一味ちがったお墓となっていました。

 

f:id:crycat3:20170225074314j:plain

 

しかし人がいない。地図で見ると海に出れるので出てみました。しかし。。。空はくもってるので海の色もそこまできれいではなかったです。

 

f:id:crycat3:20170225074315j:plain

 

西桟橋

島から海へ一本にのびていく桟橋でこのように写真で撮ると美しくみえる。少数の人がここで戯れておりました。なかには海の中に裸足で入ってる男性までいたよ。気温が温かいので海に素足を入れるくらいなら出来る感じ。ほんとこれで曇っていなければなあ。

 

f:id:crycat3:20170225074316j:plain

 

海に近づいて写真で撮ってみるとこんな感じ。竹富島の周りはサンゴ礁があってどの場所からでもきれいに見えるみたいです。とりあえずお腹も空いてきたのでお昼ごはんを食べに集落へ。

 

f:id:crycat3:20170225074317j:plain

 

島の真ん中に竹富島の集落があります。西桟橋から東へ進むと竹の子の民宿?があってこのそば処はもう少し先にあります。お昼間は混雑しており待ち状態だったので私も名前を書いて待ちましたよ。今日はソーキそばを食べるんです!

 

f:id:crycat3:20170225074318j:plain

 

店の前にブランコもあって子どもたちが遊んでおりました。完全に憩いの場ですかね。

 

f:id:crycat3:20170225074319j:plain

 

お昼ごはんは、ソーキーそばとじゅーしー。ジューシーとは、沖縄風炊き込みごはんであります。でも、食べてみた感想は、普通の鳥の炊き込みご飯です。

ソーキそばは、めちゃうまい!柔らかいわ!

 

f:id:crycat3:20170225074335j:plain

 

昼食を食べたあとは竹富島の集落を散策します。っていうか!ここ最高です!!そりゃあ、いろんな人が一度はいくべきっていうわなって思ったよ。そりゃあ観光するならってことで大量の観光客がここに訪れるわなって思ったよ。

 

ここって私が想像している沖縄の風景がそのまま残っていてそれでいて広大な範囲なんよ。少しの範囲でってわけではなく広大な範囲なんよ。よくここで撮影とかされるらしいけど。。。そりゃあこんな場所が残ってるんだからそうなるわなとしか思わない。

まじで!私もおすすめするわ!一度は来るべきやってば!

 

f:id:crycat3:20170225074322j:plain

 

牛車に揺られるのはどうかな?もちろん私は金ないから乗ってないけどな。たぶん竹富島の集落の一部をまわるだけやと思う。速度は歩くよりも遅いくらいやけどね。

 

f:id:crycat3:20170225074323j:plain

 

展望台から撮った写真。といっても展望台はないというか登れないようになってる。有料の展望台はあるけどね。私はそんなとこにはのぼることはないけどさ。

 

f:id:crycat3:20170225074324j:plain

 

貝殻がきれい。

 

f:id:crycat3:20170225074321j:plain

 

しかし飽きない。集落を練り歩くのはま楽しい。ほとんどの人はレンタル自転車に乗って走り回ってるみたいだけど私は歩いて練り歩く。しかし。。。雨が降り出す。最初は小雨だったんだけど、しだいに強い雨になったのでカフェに逃げ込む。 

 

f:id:crycat3:20170225074327j:plain

 

ぱーらー願寿屋

ほんまに凄い雨になったんよ。どしゃぶり!それでいて寒くてさ!雨宿りの為に飛び込んだカフェでホットコーヒーをたのむ。サーターアンダギー付きのコーヒーが出てきました。あらかわいい。

ここで雨がやむのを待ちます。しかし店から外を眺めているとカッパ着て自転車で走り回ってる人とかなりいたんだよなあ。私はそこまでして動きたくはない。すでに竹富島の集落を歩き回ってかなり満足度は高くて満たされていたんよね。

 

f:id:crycat3:20170225074328j:plain

 

雨が小雨になったので集落を再度、散策しだします。集落は北と南にもあって南の方にはまだ行ってなかったので南の方にむかう。しかしいろんな場所にゲストハウスやら宿泊施設があるのが分かる。でもどうだろ?絶対に一度は来るべき!とは思ったけど。

ここに長期宿泊するのはどうだろう?毎日のように大量に観光客がくるし落ち着かないしあんまり長期で過ごす居心地のいい場所ってわけではないような気がするかな。

 

f:id:crycat3:20170225074329j:plain

 

学校があったり。。。南の方にはこれといって特になかったんだけどさ。ここからカイジ浜へ向かう為にあるく。なんかさ。獣道みたいな狭い道をひたすら歩くんですよ。

地図を見ながら。。。途中で何度もこれ間違ってるんじゃないの?って思いながらも突き進んだ先にカイジ浜に到着する。ざわざわ。

 

f:id:crycat3:20170225074331j:plain

 

カイジ浜は私もよく知らなかったんだけど、星の砂で有名な場所らしいです。なのでここに観光バスが何台も止まっていて中から大量のジジババが出てきてさかんに砂浜の砂をかき集めてました。

甲子園の砂を集める高校球児のように。。。ジジババが一斉に砂かき集めてた。星の砂って私からしたら意味がいまいち分からんのだけども、年齢が上だと何かしら思い入れがあるんだろうね。

 

・ω・

あとさ。これを書きながら思ったことなんだけどカイジってこの浜からとったんじゃないの?カイジの最初は限定ジャンケンで星の取り合いをするやん。カイジ浜からとったんじゃないかなってさ。どうだろ?

 

f:id:crycat3:20170225074332j:plain

 

カイジ浜から北上するとコンドイビーチが現れる。そこにはネコがいっぱいいたのでした。水をやったりえさをやったりしている人がいるみたいです。大量のネコちゃんたちが。。。

 

f:id:crycat3:20170225074333j:plain

 

その中の美人そうな一匹をパシャリと撮ってきましたよ。

 

f:id:crycat3:20170225074334j:plain

 

コンドイビーチはこんな感じだす。曇ってるのでいまいちだけど。。。晴れていたらきれいに撮れるはずだったんだけどね。ここから再度、竹富島の集落に入ってそこからフェリー乗り場に向かうつもりだったんだけどさ。

集落に入ったあたりで雨が降り出して、フェリー乗り場に行く時には強風がプラスされて完全にびしょぬれになったわ。なんなん!毎日!毎日!雨ばっかりでさ。呪われてるわ!

 

f:id:crycat3:20170225074337j:plain

 

八重山そば夢乃屋

夜は、ラフテー&ソーキー定食を食べました。正直、ラフテーの方はそこまで柔らかくなく前に沖縄で食べたものの方が美味しかったと思う。しかーし!このソーキーがさ。

 

めちゃめちゃうまい!!

 

これには脱帽しましたよ。めちゃ柔らかくそしてうまい!!これだけでも食べたかいがありましたね。石垣旅行は雨でさんざんな目にはあったるんだけど、食べ物に関してはそこそこいいのにあたってるかな。

そんなとこ。

ほな!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...