読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進撃の無職〜貯金が尽きるまでセミリタイア!〜

42歳一人暮らしの独男。働きたくないでござる。いきつくとこまでいくでござるよ。



「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由を一度読んでみてください。

思考 思考-お金に対していの考え

しおしおしいしおしおさんの「死ぬくらいなら辞めれば」が出来ない理由というツイートが話題になっています。私も全8ページあるこの漫画を見て同じように感じましたので是非、まだ読んでない人は見て欲しいと思います。

画像をそのまんま貼り付けるのはよくないと思いますのでツイッターをもし見れない人は、下の方に全8ページ分のリンクを貼り付けておきますので読んでみてください。

 

 

 

最近の電通の過労死のニュースや過去にあったワタミの過労死。

それ以外でもブラック企業で働いている人に対して「死ぬくらいなら辞めればいいじゃん」と言ったようなコメントが多く見られます。でもその人には簡単に辞めれない事情があると思うのです。

自己責任で片付けるのではなくちゃんとした逃げ道をつくってあげて欲しいなって私は思っています。

私も過去に同じような労働環境で働いていた経験があるので。。。。

 

 

私も飲食業をやっていた頃は地獄でした。

繁忙期なら残業時間は80~100時間は超えていましたし。

拘束時間も14時間くらいでしたかね。

口癖のように死にたいって言ってました。

ネットで書き込む、心でつぶやくそのうちに日常でも口に出して思わず「死にたい」って仕事中に言ってることもありました。だからといって死のうと思ったことはないんです。

自殺は周りに迷惑をかけるとか親がかわいそうとかそういった思いがあったのでね。でも事故りたいとはよく思っていました。

夜中、仕事帰り深夜を過ぎた頃の横断歩道。

目の前の横断歩道が赤から青になった瞬間に一歩、足を前に出すと信号がかわったにもかかわらずに突っ込んでくる車。条件反射的に車をさけて後ろに下がっているんですよ。

「危ないな!信号無視するなや」って思うんだけど、その後にすぐに何も考えずにもう一歩前に出てたら事故ってたのに。。。そしたら仕事に行かなくてもすんだのに。。。っていつも後悔してたんよね。

事故ったらこちらが被害者だから入院して合法的に仕事休めるのにと。

調理場で包丁使っている時に、指一本切断したら仕事休めるのかなーとかね。

なんらかの原因で仕事が出来ない状況になりたかった。

自殺は逃げという思いは常にあってさ、不謹慎かもしれんけど災害や事故、他殺で死ねるんだったらどんなにいいものかなんて考えていたこともありました。

 

よく死ぬくらいなら辞めればいいじゃんっていう人がいる。

有能な人ならさっさと見切りをつけて次探すだろうけど。。。

それがなかなか出来ないんよ。

辞めるってことがなかなか言えない。

上司に辞めるってことを伝えることさえ壁になってたのよ。

せっかく伝えても言いくるめられて辞めることが出来ない。

私も二度も退職伝えに言ったのにコミュ障でいいくるめられて退職を撤回してしまった。

さすがに二度も言ったので三度目に退職を伝えるのが凄い障壁になる。

出来ない人間にとっては速攻でクビ宣告されたほうがマシなくらいなんだよね。

 

ここで通用しなかったらどこへいっても通用しないとか。

そういう事を言われて辞めるって言い出すのって負けを認めるみたいでつらかったんよ。

退職するのもメールで送って退職出来るようにまじでしてほしいよ。

もちろんそのメール送ったあとに月末まではちゃんと働くからさ。

 

私が飲食業を辞めた方法は、心療内科に行って鬱の診断書をもらってきて、会社に行って退職願いと診断書と置き手紙だけ置いてそのまま旅に出たんよ。もちろん携帯の電源はきった。一日たって見ると留守番電話の件数が凄いことになってた!

旅行に出たのは家に来られても困るから。

そしたら退職のことを会社から両親のとこに連絡がいって次の日から親からバンバン電話がかかってくるようになったけどね。何日間か旅行して帰ってきたら家の前の駐車場に父親の車が止まってたんよ。

両親も私が自殺するんじゃないかって心配してたらしい。

悪いことしたなーとは思ったけどもう逃げ出すにはこの方法しか考えられなかったんよ。上司と部下の関係でさ、上司に説教をくらってる部下がさ辞めたいですってその上司に言わなきゃいけないなんてどんなに敷居が高いんよ。

それやったらそんなん飛び越えて直接、社長に行った方が気分的には楽だよ。

 

真面目で無能な人はほんと危険だと私は思います。どんどん追いつめられていきます。

有能な人は次いけるし辞められた方もあの人ならこんなクソ会社で満足するわけないわなって納得してくれるんよね。 

この飲食業のあとに私は介護や期間工で働いたんよ。

でも辞める時はそこそこ辞めるのに悩んだんだけど気分的にはスッパリ辞めれました。それは、どちらの職場でも私がそこそこ使えるヤツという認識だったからだと思います。

辞める時に、どうしてー。やめないでーと引き止められましたからね。

飲食の時は仕事が出来ず辞めたい。というのとそれなりに出来ると思われている時に辞めるのとでは心理的に全然違う。

まあ、出来ると思われているってのがポイント。

私は出来てなかったんだけど周りは出来ていると思っていた。

なのであと1年も仕事続けていたら化けの皮がはがれていたとは思うけどさ。

 

真面目で無能だという自覚のある人は、最初から逃げ道を作っておいたほうがいいと思います。頑張りすぎない我慢しない。phaさんの言葉で「死なないこと以上に大事なことなんて人生にはない」という言葉が私は好きです。

今の時代いろんな生き方はありますからゆっくりと休養時間をとるのもいいかもしれません。 

 

【「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由】

https://pbs.twimg.com/media/Cvm3NAEUkAAo400.jpg その1

https://pbs.twimg.com/media/Cvm3NArUsAAvMvd.jpg その2

https://pbs.twimg.com/media/Cvm3NAqVMAEkFvH.jpg その3

https://pbs.twimg.com/media/Cvm3NArUMAAkzfZ.jpg その4

https://pbs.twimg.com/media/Cvm3okJUAAEyVAw.jpg その5

https://pbs.twimg.com/media/Cvm3okKUsAADISm.jpg その6

https://pbs.twimg.com/media/Cvm3okJUEAAU5GN.jpg その7

https://pbs.twimg.com/media/Cvm3okJUAAA8e1-.jpg その8

 

なにが言いたかったか微妙な記事になってしまいました。

まあ、人生の袋小路に入ってしまったら一度立ち止まっていろんな情報を見てみましょう。視野を広げてみるといろんな生き方をしている人がこの日本にもいる事に気づくと思います。そしたらその人をマネると少しは楽に生きれるようになると思いますよ。

ほな!