進撃の無職〜貯金が尽きるまで貧乏セミリタイア!〜

一人暮らし43歳の高卒底辺無職男。 貧困にもめげずにテキトーに年間100万円生活を大阪でしています。



団塊世代と団塊ジュニア世代の親子のいい距離感を考える

f:id:crycat3:20160805001937j:plain

 

私が実家を離れて一人暮らしをはじめたのが2003年の夏のことです。

なので現在、一人暮らしを開始して13年目になろうとしています。

実家を離れたきっかけは親に追い出されたわけなんですけど、今思えばいいタイミングで家を出たなあーっとそれがなかったらと思うとぞっとしますね。

一人暮らしは自由で快適です。

 

 

よく金銭的な理由から実家に戻ればいいやんとか安易にいう人がいるんだけど、そういう事を言う人はみんな自分と同じような親子関係じゃないって事を分かっていないんだと思います。

一人暮らしはたしかに実家暮らしよりも金銭的に負担を要します。

でもね。それ以上に自由を得ることが出来るんですよ。

金銭的に行き詰まっても実家になんて戻ろうなんて思ったことはないです。

なんとかして金をかき集めて一人暮らしを続けようと頑張ることが出来ます。

親と暮らすなんてありえないです。

 

でも一応は親子なので全く疎遠になるのは違うと思うんですよ。

たまに実家に帰ったりメールでやりとりちょこちょこしたり、たまに物を送ったりその程度でいいと思うんですよ。もうね。一緒に暮らすとかないです。

ひきこもりとかニートとかパラサイトの人とかよく一緒に暮らせるよなって感心しますもん。

私からしたらないわ。一緒に暮らすくらいだったら多少のしんどい仕事しようって思うもん。

しんどい仕事して一人暮らしを維持しようって思うもん。

家でだらだらしていても何も言われないんだよ。

好きな時に起きて好きな時にだらだらしてそして寝る。

そんなことをしていても一人だと誰にもなんにも言われない!こんな素晴らしいことがありますか?

・ω・

去年、右小指を骨折した時に利き腕だったので家で何も出来ない身体になったのね。その時に2週間ほど実家にお世話になったんだけど。。。はっきりいって二週間でもキレかけたよ。この人らと一緒に過ごすなんてありえない!ってさ。

たまに帰るからいいのですよ。たまに帰るならお客様扱いしてくれますから。

ずっと家にいたら違うわけですよ。

もうね。こっちもむこうもイライラしますよ。

精神的に悪いですよ。だから離れて暮らすほうがいいんです。

 

f:id:crycat3:20160805001943j:plain

 

両親もこんな出来損ないの息子が同じ屋根の下で暮らしていると思うと毎日、心労で参ってしまうと思うよ。毎日って365日だからね。離れて暮らすとそういった事がなくなるわけだから親子関係の為にもいいと思うんだよね。

毎日ギスギスしながら暮らしてもどちらにとっても不幸だもん。

 

団塊世代と団塊ジュニア世代とは生きた環境が違うし考え方もどうしても違ってくる。普通にやってくれさえすればって両親は思ってると思うんだけど、その普通って今の時代は限りなく難しい事なんよ。無能な私にとっては特にさ。

なので話はどうしても平行線を辿ってしまう。

ずっと家にいるとそういった話にならざるえない。

でも年に2日とか3日とかだとそういう核心的な話に触れることなく過ごす事が出来る。

いい距離感じゃないですか!

今回も結婚について40超えていてもまだまだ結婚出来るみたいな事を父親が言い出したので、しない!ありえない!って話をぶつ切りにしたったよ。

 

まあ、何が言いたいかというと一人が一番ええよってこと。

両親とはいい距離感をおきながら自由を満喫する。

これからもこの距離感を私は継続していきたいかな。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...