読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進撃の無職〜貯金が尽きるまでセミリタイア!〜

一人暮らし43歳の高卒底辺無職男。貧乏でもテキトーに生きるんよ。



ライブドアブログのEPUB書き出し機能でKindle本の作り方

生活 生活-お得情報・アタリ商品

f:id:crycat3:20160212031247j:plain

 

今回は、ライブドアブログにある電子書籍を作る為のEPUB書き出し機能を使ってKindle本を作りました。私自身はもう作ることないとは思いますけど、手順だけ残しておこうかなと思いまして。。。

去年までライブドアブログを使ってたってのもあるんだけど使うのは無料ですしこの為だけに作るのもありかもしれませんね。

またこの書き出し以上にKindleで販売する時の設定とかもめんどうだったのでそのへんのことも少しメモっておきます。

なんせ誰でもKindle本は出そうと思ったら出せますので興味のある方は出してみたらどうかな。

それではいってみよ!

 

 

ブログを書くように記事を書いていきます。

1記事のタイトル部分が大見出しになります。

なので私の場合だと、

 

はじめに

2014年春・期間工で働きはじめる

2014年秋・期間工契約更新

2015年冬・期間工三交代制

2015年秋・期間工満了

あとがき

 

の6つに分けました。

まあ、日記なので時期で4つに分けて前と後ろに挨拶分を入れただけ。

こうするとEPUB書き出しをすると自動的にこういう目次が出来ます。

もっと細かく分ける場合は大見出しとかHTMLで作らなきゃいけないみたい。

  

f:id:crycat3:20160212031253j:plain

 

カテゴリーは電子というのを新たに作って、ブログを更新したらダメなので下書きとして残します。

そしてブログ設定のEPUB書き出しを押します。

すんなり流しましたけど。。。。

ここは構成する時に何度も往復する事になります。

行ずれとか誤字脱字を後から発見したり写真が思うように配置されてなかったり。

 

f:id:crycat3:20160212031300j:plain

 

EPUB書き出しを押すとこの画面になります。

タイトル名、著者名。

これも本の1ページ目に書かれます。2ページ目が目次になる。

次にあるレイアウトなんですけど。

 

私も最初は縦書きにしようと思ってたんですよ。

でも数字とか英数字とか横になったりそろったりおかしなことになるんですよ。

1974年を縦書きにすると。。。EPUBを縦書きにすると。。。

なんか方法はあるみたいだけど。。。この「。。。。」っていうのもへんてこな位置にきたりね。

いろいろ縦書きにするには手直ししなくちゃいけないと思って私は横書きにしました。

 

次、表紙のファイルなんですけど。

これもね。最初はここで表紙のファイルを取り込んだんだけど。

なんかおかしくてさ。結局、Kindle上で表紙をアップロードしました。

ここでは私はしていません。

 

カテゴリーも年月日だって選べます。

ブログに書いたことをまるまる書籍化も簡単に出来てしまいます。

あとはオプションのところを適当にチェックしてデータ化します。

出来たらそのデータを見ておかしな部分があれば、また記事を修正して。

何度も何度も繰り返して出来たらEPUB化は完成です

 

【Kindleの表紙を作ろう!】

 

次に私は表紙作りをしました。

絵とか描けないしどうしたらいいんやろ?

写真貼り付けで本のタイトル書いてみたいなのがいいなー。

ということで検索していろいろ探して、こちらの『Open Officeで表紙を作ろう | 淡波ログ』さんのオープンオフィスのテンプレートで作るってのをそのまま使わせていただきました。

まあ、これもダウンロードしていろいろいじって大変やったんですよ。

書かれているように全くならんかったから。

やった!出来た!と思ったら、タイトルと著者名のバックの色がどうやったら消えるんかわからず。

いろいろいじってみたんだけどね。。。ここまで時間かけて作ったのにやめるわけにはいかないから。

そのまま表紙にしたんだけどね。結局、わからずじまいでした。

EPUBと表紙が出来たらさあ!出版!

 

【Kindleで本を出版するのは目の前だよ。】

 

kindle ダイレクトパブリッシングですよね。 KDPです。

アマゾンのユーザーやしアフィリエイトもしているし。

簡単に出版まで出来るやろうと思ってたんですよ。

でも。。。難しかった。

米国の税務情報の記入。。。めんどい。

こちらの記事を参考にしました。→『KDP:税に関する情報の登録方法

あと売る時の価格設定なんだけど。

最初、0.99ドルってのが出ていて。

だいたい一番安いやつは99円やのに0.99ドルだと100円超えるんじゃないの?

って思ってさ。出版してみたら116円になってて。どういうこっちゃ!って思ったんだけどね。

アマゾンjpの欄の「US価格に基づいて自動的に価格を設定」というオプションのチェックを外さなきゃいけなかったんです。ざーっと価格設定欄があって。言われないとわからんがなーみたいなね。

この二点がポイントですかね。

 

一応、表紙、EPUBをアップロードした後に、プレビュー出来るんだけど。

なんかソフトとか入れないといけないよ。Kindleプレビューわ~ってやつ。

で私の場合はそこで改めて見ると。。。あれ?大きさ違うやん!

スマホと7インチのタブレットと10インチのタブレットの画面が違うんですよね。

行がまたばらばらになってさ。こんなんじゃ全然だめやーんってなって。

最初の作業に戻ってしこしこ手作業で手直しするはめになったのは内緒です。

つうことでこんな感じです。

 

僕はどうしてこんなにダメなんだろう?
(2016-02-06)
売り上げランキング: 243

 私の場合は元々本にする文章がある状態だったので。

多少は文章を追加してEPUBにするのに一日。

表紙作りだしてKindleの米国税のところで挫折したのが二日目。 

三日目でプレビューまでいったけど変なとこ押してしまって間違って出版する。

出版の申請をしたら取り消す事が出来ないので三日目が終わる。

4日目に販売停止してプレビューで手直しして販売。てな感じでした。

そして5日目にレビューでボロかすにかかれて販売中止。なんでやねん。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...